レビュー一覧に戻る
ハイ・シエラ

ハイ・シエラ

HIGH SIERRA

100

********

4.0

率直さ

ギャング映画の終わりでありボガードの初主演作でもある名作。若いギャングに手を焼いたり若い娘に振り回されたり、「初」主演なのに、いきなり世代格差を感じる老け役。田舎出身でもあって農夫に共感してしまうところも、なんとなくどんくさいオヤジ役だった。その「オヤジギャング」が山に追い詰められるラストがすばらしい。カーチェイスの迫力、山の地肌。 しかし何よりボガードの「率直さ」が印象的な映画でした。気に入らない奴は平手打ち。いきなり。相手の気持ちは関係なく愛の告白。不器用。小細工なしのこの率直さが気持ちいい映画でした。

閲覧数316