レビュー一覧に戻る
バウンティフルへの旅

バウンティフルへの旅

THE TRIP TO BOUNTIFUL

106

O

3.0

ネタバレノスタルジック

一面 ラベンダーの咲く丘を、息子と楽しそうに走る女性の映像から始まる。「賛美歌を歌わないで」とか たくさんの制約を強いる 気のキツいお嫁さんとの仲がうまくいかなくて、ある日 ふるさとバウンティフルを目指して家出するおばあさん。ずっと夢見ていたふるさとへ。しかし、バウンティフル駅もなくなっており、バスで苦労の末にやっとたどり着くのだけど、ふるさとは見る影もなく荒れ果てていた。ラベンダーの丘もなく、会うのを楽しみにしていた友達も死んでしまっていた。この映画は切ないけれど、終わり方にまだ救いがあります。

閲覧数453