ここから本文です

蝿男の恐怖 (1958)

THE FLY

監督
カート・ニューマン
  • みたいムービー 17
  • みたログ 133

3.57 / 評価:30件

夏が来れば思い出す

  • むびず_えぬぴー さん
  • 2008年8月15日 4時05分
  • 閲覧数 393
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

 初めて見たのは子供の頃。
 当時生家があった地域では、夏休みの深夜帯に期間限定でホラー作品を放送していくという特番が組まれており、私は指の間から画面を恐る恐る見ていました。
 とはいえ、地方局の深夜帯に話題作が放送出来る筈も無く、B級映画と旬を過ぎた作品が専ら紹介されていたのですが、その画面の中のモンスター達にいつしか夢中になっていました。

 そしてこの作品もそんな中の1作でした。

 子供だった私にとって、この特番に求めていたものは派手な怪獣や鬼気迫るマッドサイエンティスト、メイクの浮いた悪魔に人間離れした殺人鬼達が画面に登場する事が全てであり、当時の私が物語をどこまで理解していたか我ながら疑問です。
 
 そんな私にとって残酷な気配も無く進んで行くこの作品に少しがっかりしたのを覚えています。
 しかし、一方で画面に流れる独特の雰囲気が私の心を捉えていました。
 それは、いままで見たB級モンスターが持っていなかった哀しさであり、物語が進んでも晴れることのない袋小路のような終焉感でした。

 そして時代を感じさせるクライマックスの後に訪れる、不意を付くラストシーンにぞっとした私は、それに懲りるどころかこのジャンルにますますのめり込む事になりました。

 
 「名作で傑作で誰にも見て欲しい」とは口が裂けても言いません。
 しかしこの作品を観た人は、何を人は怖いと思うのか?という事に気づく事が出来ると思います。
 それは漠然とした答えかも知れませんが、見るに値する事ではないでしょうか。
 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ