ここから本文です

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版> (1987)

BAGDAD CAFE

監督
パーシー・アドロン
  • みたいムービー 945
  • みたログ 1,968

4.15 / 評価:623件

分かり合える事。それこそがMagic!

  • sou***** さん
  • 2021年2月23日 14時23分
  • 閲覧数 72
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

そもそも、ジェヴェッタ・スティールのコーリング・ユーが良い。なんて沁みるサウンドだ。ボーカルとしての声質が好きなのよ。ハーモニカの挿入も良くってな。

物語も良いよね。疑いから入った人間関係から、理解し合える関係を構築していき、離れられないような絆になって行く。
世界中の誰もが、身近な仲間との絆は見ず知らずの関係からスタートさせている。そんな事はわかっていても、まざまざと作品として突き付けられた時に、その尊さに泣けてくる。家族よりも家族のような絆って…。
そこに肌の色も国境も超えた物語があって、旧西ドイツの作品って意味を噛み締めるわけ。

今、時代は分断に向かっている。
「分かるること久しければ必ず合し、合すること久しければ必ず分かる。」三国志演義の書き出しだが…大昔から人間の本質は変わっちゃいない。

この映画を観て、今を嘆き、これからの時代にどのように生きるかを思うのだ。幸福を思えば、怒れることよりも、分かり合う努力を…。ジャスミンのマジックのように、パッと心に花を咲かせるように。無精の僕には、種を蒔きのお掃除も時にはね(笑)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ