ヴァジニアの血闘

VIRGINIA CITY

121
ヴァジニアの血闘
3.3

/ 3

33%
33%
0%
0%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)


  • ********

    5.0

    金塊の行方

    1940年。マイケル・カーティス監督。南北戦争も終盤、押され気味の南軍(ランドルフ・スコットら)は西部の金脈の街ヴァジニアから金塊を輸送しようと計画するが、北軍(エロール・フリンら)に察知されて、、、という話。白人同士の戦いにインディアンが割り込んできて白人たちが結束する(そしてアメリカがひとつにまとまる)という「敵の敵は味方」バージョンが西部劇の鉄則のひとつですが、そのような「外部の敵」として西部の強盗団が登場。それがハンフリー・ボガート。ちょび髭で悪人顔になっています。 スコットとフリンは南部出身の踊り子(ミリアム・ホプキンス)をめぐって三角関係にもなるのですが、最初から明らかに彼女は北軍のフリンに魅かれていて、故郷としての南部の男と心情としての北部の男に引き裂かれる。ラストで二人が結ばれて「ひとつのアメリカ」になる前振り。 対立を乗り越えるときに「誰のものにもならない金塊」が生まれるのですが、結局どう使われるのか最後で触れられていない。元々南部の人に所有権があるものを北軍のフリンが西部の強盗から守り、友情から北軍に渡すことも拒否して隠したのですが。。。「ひとつのアメリカ」ができあがる陰で生まれた行方不明の大量の金塊はいずこへ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ヴァジニアの血闘

原題
VIRGINIA CITY

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル