ここから本文です

裸の銃(ガン)を持つ男PART33 1/3/最後の侮辱 (1994)

THE NAKED GUN 33 1/3: THE FINAL INSULT

監督
ピーター・シーガル
  • みたいムービー 8
  • みたログ 241

3.58 / 評価:60件

レスリー・ニールセンの代表シリーズ完結編

  • hoshi595 さん
  • 2019年2月14日 2時55分
  • 閲覧数 251
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

「裸の銃を持つ男」シリーズ3部作の最終話。
主要なメンバーはそのままで完結編を迎えられたことは喜ばしい。

ヒロイン役のプリシラ・プレスリーは14才の時知り合ったエルヴィス・プレスリ-と8年後に結婚という経歴の持ち主。「オースティン・パワーズ」にもカメオ出演している。

「大空港」などエアポート・シリーズでお馴染みのジョージ・ケネディは撮影当時病気であったにもかかわらず役者根性で出演。だからアクションシーンが少ない。

「カサンドラ・クロス」や「カプリコン・1」など、シリアスなドラマに出演のO・J・シンプソンはコメディもうまく笑わせてくれる。

本作品では、モデル出身の大型女優アンナ・ニコル・スミスの活躍も欠かせない。迫力に圧倒されるシーンは演技ではなく本物の驚きで目を楽しませてくれる。

題名が”007シリーズ”「黄金銃を持つ男」のパロディであるだけでなく、全編パロディ満載の映画。更に笑いの種も多く、ノンストップ・コメディになっている。

肝心の物語は、おまけのようなもので重要ではなくなっているが、終盤はアカデミー賞の舞台も使われていて、盛りだくさんの”笑い”を提供している。

人生に楽しい”笑い”を与えてくれたレスリー・ニールセンと本作品に関わった多くの人に感謝したい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ