ハタリ!

HATARI!

159
ハタリ!
3.9

/ 77

30%
34%
29%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(23件)


  • ech********

    4.0

    夏休みの宿題にどうぞ

    かつて、大作とはこういうスケール感のある映画でした。特殊技術が乏しい中でマガイモノナシの本物は好ましい。ウェイン君いるだけで安心。これがスター。子象のマーチがこの映画からだったとは。

  • スーザン

    4.0

    野生動物の捕獲シーンが圧巻!

    ジョン・ウェイン率いるアフリカの野生動物捕獲チームのお話。 体を張ってのサファリシーンがとにかく凄い! 何台かの車でチームを組んで、ロープ一本で大型動物に挑む迫力の映像。 これを観るだけでも価値あり。 今なら絶対NGだろう。 特に込み入ったストーリーは無く、ロマンスとコメディと音楽が花を添えている。 ジョン・ウェインが女性にタジタジなのも楽しい。 余談:亡くなった仲間の娘ちゃんが森泉お嬢様に、女性カメラマンが滝沢カレンに見えて仕方なかったのですが・・・。

  • auc********

    5.0

    色々な意味で

    面白い映画である。 ドキュメンタリーともいえるかもしれない。 映像はスバラらしい・

  • kun********

    2.0

    軽い冒険物

    主体は動物捕獲シーン。 それと、ジョンウエインと女子カメラマンの恋愛とウエインの娘と3人の恋模様がコメディタッチで綴られる。 この部分は目障りってくらい酷い。 当時の感覚では受けたのかもしれないが今じゃこのセンスはC級。 アフリカの現地民との絡みが無い。 白人が政府の許可の元の捕獲なのかもしれないが、現地民の放牧や狩りには迷惑でしかないだろう。 動物をトラックやジープで追い散らかす。 映画のメインはその迫力シーンに有るけど、日本の原野で白人共がこれをやらかしてたら、ピアノ線を張ってとか思うけど。 現地民はにこやかに隷属して働いてる。 今のテロはこういう事が過去に有ったから起きてる。 ハムナプトラとインディジョーンズと似た嫌な感覚が有る。 民族差別と意識しない無意識の差別程酷い差別は無いだろう。 現地民にも歴史が有り文化が有り風習が有り、それを犯す権利は無い。 ところが現地民が原住民って自分ら白人以外のつまり人間外他の人間種みたいな、 人の家の中にずかずか踏み込んで居て、其処の家の人に遠慮どころか嘲笑の対象或いは雇人にしか過ぎない。 16世紀から白人が繁栄し世界をわが物として見て行った様がこの時点でも 色濃い。 映画制作当時の白人社会には、アフリカ人を自分らと同じ人間視すると、危険な思想映画と取られてたのかもしれない。 ホークスにそれをそれを咎めても何だが。

  • ********

    5.0

    仲間づくりとしての映画

    1962年。ハワード・ホークス監督。アフリカで野生動物を捕獲しているチームは、結束の固い仲間として行動している。一人のけがと女性カメラマンの到来をきっかけに、彼らの関係が変わっていく、、、という話。長いがとてもよく練られたアクション・ラブ・コメディ。 冒頭、逃げるサイを追うチーム内で交わされる会話が「このメスはどちらに逃げるか迷っている」とあるように、動物をハントすることと女性をハントすることの明確なアナロジーの元、女性による男のハントやハントの過程の仲間づくりに焦点が当たる複雑な展開。ある時は女性=動物であり、ある時は男性=動物である。ゴダールが別の文脈で言っていた「ホークスは男と女の区別を知らない」というのはこういうことか。 注文を受けて、一頭一頭、身を挺して動物をハントするチームの姿には、どうしても「映画づくり」が重なってしまう。いちおうのリーダーには、周囲の暗黙の了解を強引に否定するほどの力はなく、周囲に押されて動くことで物事は決まって好転していく。映画における監督のように。映画づくりとは仲間づくりなのだ。

  • 山浦国見

    4.0

    痛快作品

    子象の行進って、この作品の為に書き下ろされた曲なんですね。 みんなのうたで田中星児さんが歌ってました(そう言えば田中さんって、ビューティフル・サンデーや、フニクリ・フニクラの替え歌であるオニのパンツなど、外国曲の日本語子供向けアレンジ曲を歌う事が多いですね)。 上映時間は158分と、とても長いのですが、動物たちが可愛い。子象たちもさることながら、飼い慣らされたチーターがかわいくて可愛くて。あれだけ慣れていれば放し飼いも頷ける(^-^) サイの猛襲、キリンの疾走など、アフリカならではの描写も多数。動物捕獲ハンターは、悪役として描かれ易いのですが、この作品では正義にも悪にも描いておらず、楽しい作品に仕上がっています。 スワヒリ語で危険や危ない!を意味するハタリ。作中のセリフとしても登場します。是非、御覧くださいませ。

  • eur********

    4.0

    ネタバレ楽しめた!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ogi********

    4.0

    午前10時で観てみたい

    決して超一級の名作ではないが、大画面で観てみたい映画である。 やっとNHK-BSの録画で看たのだが、動物たちを車で追い回すシーンの迫力は、家の小さい画面でも手に汗握るものでした。 少しバタ臭いコメディタッチのストーリーもご愛敬。 ジョン・ウェインの作品で、こんな作品もあるのを初めて知ったのも、私にとっては得した気分にさせてくれる作品でもありました。 ぜひ午前10時の映画祭でかけてほしいなぁ。

  • tos********

    3.0

    ジョン・ウェインのアフリカ休暇

     スワヒリ語で危険というタイトル。アフリカの野生動物を捕獲する人の話。ジョン・ウェインの映画では変わっていて、やったやられたが全くなく、コミカルでのんびりと観ることができます。ただし、サイと水牛の捕獲シーンは超ハタリ!有名な「子象の行進」が楽しいです。

  • al2********

    4.0

    ハタリ!

    舞台はアフリカ、現在のタンザニアの大草原を舞台に野生動物を捕獲、動物園やサーカスに売る人たちのドラマ ハワードホークス監督お得意の男女のロマンスをコメディタッチで絡めながらジョンウェインが馬じゃなくジープのボンネットに座りロープを振り回す”カウボーイ”姿を見るだけで楽しくワクワクします 麻酔銃も使わずロープだけで豪快にキリンや獰猛なサイを捕まえるシーンはすごい迫力 そしてヘンリーマンシーニによる名曲「子象の行進」に乗って歩いていく子象たちの人懐っこさが印象に残ります これが制作された1962年当時 だだっ広いアフリカの大草原を疾走する野生動物がスクリーンに映ってるだけで十分アドベンチャー映画になってたんですね

  • 一人旅

    3.0

    ジョン・ウェインのアフリカ出張

    ハワード・ホークス監督作。 アフリカを舞台に、野生動物の捕獲を生業とする集団を描いたドラマ。 西部の男ジョン・ウェインがアフリカに出張し、捕獲集団を率いるリーダーを演じている。だが、本作の真の主人公はアフリカの動物たちだ。広大なアフリカの大地を疾走するキリン、ゾウ、シマウマ、バッファロー、ヌ―、サイ・・・。今にも「どうぶつ奇想天外!」のナレーションが聞こえてきそうなほどに野生動物のオンパレードで、全力で逃げる動物を車で追いかけて捕獲する場面では人間対動物の戦いを臨場感溢れる映像で追っている。集団の天敵であるサイの攻撃性が異常に高く、併走する車に向かって何度もタックルを仕掛けてくる姿は圧巻。 サイの獰猛さとは対照的に、飼い主の女性に一生懸命どこまでもついていく3頭の小象がとても可愛い。 集団内でのロマンスといった人間ドラマも複数用意されているが、個人的にはそういった室内での静的シーンは冗長に感じてしまった。

  • hea********

    3.0

    ロケットでサル捕獲

    ジョン・ウェイン55歳の時の作品です。 たくさんキリンが走っているところを狩るシーンがすごい。 今だったら規制の関係で絶対CGシーンになるだろう。 サイとのカーチェイスもなかなかの迫力でしたが、今じゃ撮影できないでしょうね。 動物保護団体が見たら憤死ものです。 小象や小鹿のシーンはかわいいですが。 撮影の為に大樹を折ってしまうのは問題ですね。 当時の基準じゃOKだったのかもしれないけど。 サルを捕まえるのにロケットで網を撒くシーンがすごい。 50年以上前なので当然CGはないので、あれを撮るのは大変そうだ。 しかし、若い女の恋人役にはもう55歳のジョン・ウェインには無理があるんじゃないだろうか。 この映画の見せ所はやはり自然と動物、逆にそれ以外の部分は特筆することはなかったかな。

  • ken********

    5.0

    ネタバレ爽快でたのしい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kot********

    5.0

    ネタバレ猛獣と 一緒にお縄の 二時間半

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • eko********

    5.0

    ネタバレチームワーク。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • d_h********

    5.0

    ネタバレHatari(危険)を求めてアフリカへ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mut********

    5.0

    ネタバレ猛獣狩り物の決定版

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • abu********

    3.0

    ハタリ

    サイやキリンを捕獲するシーンは 「ロストワールド」を思い出しました。 この音楽ってもしかしてこれがもとなんですか? いやぁ、名曲です。この曲と走る小象をあわせると あんなにも見てて楽しいシーンになるのですね。

  • おおぶね

    4.0

    「ハタリ」

     ゴダールの「軽蔑」でBBたちが出会うチネチッタに「ハタリ」のポスターが張ってある。  「ハタリ」というのはスワヒリ語で「危険」という意味だ。冒頭のサイの突進が怖い。  でも、神戸俊平さんに聞いた話ではカバが一番危険で、水中以外は凶暴なのだという。  こんなサファリができた時代もあったのだ。ヘミングウェイだって、サファリにのめり込んでいた。  今ではカメラで撮影して廻るのがサファリになっている。  「作家主義」の監督ハワード・ホークスの作品である。  「子象の行進」のヘンリー・マンシーニの音楽もいい。

  • kumiko

    4.0

    ネタバレ意外な映像

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/2 ページ中