ここから本文です

バタリアン (1985)

BATTALION/THE RETURN OF THE LIVING DEAD

監督
ダン・オバノン
  • みたいムービー 67
  • みたログ 1,202

3.85 / 評価:369件

ゾンビ映画の革命

  • Mitaeiganokirokuyou さん
  • 2020年6月26日 1時26分
  • 閲覧数 867
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ゾンビにはある種の「お約束」があった。「うーうー言いながらゆっくり歩く」と「脳や頭を破壊したら死ぬ」というもの。ところがこの映画では、これらを一切無視している。

まず、頭を落としても死なない。これは困った上にキモい。そして走る。簡単に逃げられないんだから、怖いなんてもんじゃない。さらに喋る。実にウザい。知能まである。焼いたら煙が出て墓の死体までゾンビ化する。どうすりゃいいんだ。しかも生きてる人間までゾンビ菌(?)に感染する。打つ手無しである。

これを完全なホラーとして作ったら物凄く怖くて、見られたもんじゃなかっただろう。そこで、コミカルな場面をチョコチョコ入れてある。そして、なぜか音楽もカッコいい。ゾンビまでカッコよく見えてくるから不思議。最後に、ホラーやパニック映画などの最大のお約束である「可愛いヒロインの女の子は助かる」というのも完全に無視だ。

その後のゾンビ映画はもちろん、数々のホラーやパニック系の映画にまで影響を及ぼしたのは間違いのない事実である。革命的な傑作であり、ダン・オバノンの才能を証明している。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ