2013年2月16日公開

八月の鯨

THE WHALES OF AUGUST

912013年2月16日公開
八月の鯨
4.1

/ 160

39%
37%
16%
6%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

メイン州の小さな島にある別荘で、毎年夏を過ごす老姉妹リビー(ベティ・デイヴィス)とセーラ(リリアン・ギッシュ)。かつて島の入り江は8月になると鯨が現われ、少女だったころの二人は鯨を見に行くのが楽しみだった。姉妹は長い間互いに支え合って生きてきたが、病気で目が不自由になった姉のリビーは周囲にとげとげしく接するため、彼女の世話をするセーラは心を痛め……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(41件)

切ない19.2%かわいい15.1%知的11.0%ロマンチック9.6%楽しい8.2%

  • say********

    5.0

    この作品をみる前に

    この作品をみる前に、イントレランスという超古い映画を観ました。リリアン・ギッシュ、出てました。いい映画でした。 この映画を観る前に、イントレランス、みておいた方がいいッス。そうすることによって、何倍もの味が出ます。美味いステーキに、がっつく前に、良いワインをいただいて。何倍も美味いから。

  • スーザン

    5.0

    歳を重ねてこそ、たおやかでありたい。

    年老いた姉妹の日常を描いただけの映画であるが、人生の終末の美しさをたっぷりと堪能させてくれる作品であった。 思い出が詰まった岬の別荘で二人暮らす姉妹をリリアン・ギッシュとベティ・デイヴィスが演じる様は圧巻。 目が不自由で皮肉屋の姉。 彼女の世話を焼きながらも、社交的で前向きな妹。 そんな二人と、訪ねてくる知人たちとの生活が普通に描かれているだけなのだが、胸の中にしみじみと何かが残るのは何故だろう。 お客を招いてのディナーや、亡くなった夫との結婚記念の日にはドレスアップしてワインをいただく。 毎朝の掃除、庭の手入れも欠かさない。 生きる事に前向きな妹は我々が年老いた時のお手本だ。 一方気難しい姉も、血の繋がった姉妹なのでケンカや気まずいことがあっても心は通じ合う。 キラキラ光る海と小さな家のロケーションは素晴らしく美しい。 そして老いという普遍的なテーマを持った作品自体も、色褪せない輝きを放つ逸品である。

  • jir********

    3.0

    映画は人生の予行演習

    その姉妹は瑞々しく無邪気ではち切れんばかりだった。 それから数十年、二人は死を待つだけのように年をとった。 同居しているが、姉は皮肉屋で妹はそれにうんざりし同居を解消しようとしていた。 そんな年寄りの日常。 物語といった物語はなく、とにかく日常を見せていく。 そこには人生の先輩からの含蓄のある言葉が散りばめられている。 私のお気に入りは、キラキラ光る海を見ながら「これは財産だが使う事が出来ない」という台詞。 ただ、まだ私も若いのでお年寄りの緩い会話に退屈してしまう所もあった。 いずれ自分も年寄りになるので、人生の予習として観ておいて良かったと思った。

  • kih********

    5.0

    DVDを手元に持っておきたい優良映画

     いいんじゃないでしょうか。こういうスローライフは、有りです。これだけ(狭い場所と短い時間)の物語の中に、人生を重ねた最終章(最終前章?)のエッセンスが濃厚に詰まっています。いちいち納得がいきます。だって、  最終的に何処で、誰と暮らしますか。  その時そこで、どんな会話を弾ませますか。  甘えや我が侭をどのように抑え、または受容しますか。  まだ、男っ気・女っ気をアピールしますか。  若い時期には考えもしなかった、こういう退屈なことが非常に大きなことになります。子どもたちに介護されるより、老姉妹で暮らす。それでいて退屈はしていない。それはこの自然に馴染む能力が備わっているからでしょう。幼い頃のいい思い出が生きているからでしょう。高齢になっても、視力が失われても、自然への愛着・人への愛着が衰えていないからでしょう。気障っぽくいえば、結局のところ生かされているのだということを自覚できているからでしょう。  会話がいいです。まるで中学校英語テキスト程度の英会話です。そうなんだ、人生の最終章では難しい言葉は必要ないということでしょう。それも、外国人でも聞き取れるように、(それは聴力の衰えを補う効果もある)ゆっくりクリアに喋ることです。  齢をとればこういう映画が利いてくる。リアリティーを持って響いてくる。願わくば、齢をとる前に観ておきたかった。この映画DVDは手許に持っておきたい。他の洋画を見る際の英語訓練にもなる(うちでは読書の代わりに映画鑑賞を楽しんでいるから)。うちにはすでに大きな窓はあって、山も海も楽しめるから、この際もう一回り大きいテレビを購入しようか。映画は世界に向かっての窓だから。

  • yok********

    4.0

    全てが美しい映画。

    素晴らしく美しい景色とリリアン・ギッシュとベティ・デイヴィス両女優さんの美しさには、もう言葉もないほどの感動。 美しく歳を重ねる尊さを痛感した作品。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
八月の鯨

原題
THE WHALES OF AUGUST

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル