2008年7月12日公開

8 1/2

OTTO E MEZZO/HUIT ET DEMI/EIGHT AND A HALF

1402008年7月12日公開
8 1/2
3.9

/ 378

40%
24%
21%
11%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

映画監督グイド(マルチェロ・マストロヤンニ)は湯治場に療養にやってくる。新作の撮影準備を進めてから5か月が過ぎ、クランクインが遅れているにもかかわらず、愛人や妻、知人たちの幻影に悩まされ映画の構想はまったくまとまらない。療養中も亡き両親の姿や少年時代の思い出がよみがえり、彼は混乱してしまい……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(99件)

知的9.6%不思議9.0%楽しい7.8%ファンタジー7.4%セクシー6.3%

  • mim********

    3.0

    まだ、わからない、、、

    まだ、ということはいずれわかるのか、 いや、わかりきれないかもしれない。 ということで、各評価できず。 ただ、自分の愚かさを知れ!ということであれば、理解できる。 ワンシーンワンショット、アーティスティックということで評価。 あっ、『ウエスタン』を見た後なので、クラウディアカルディナーレがまるで別人のように思える。ウエスタンでは、強き女性を演じているがこの映画では初々しく清楚。

  • 倉野 大介

    1.0

    頭が悪い人にはウケそう

    意味のない映画です。 監督の自己満足映画です。 ストーリー、セリフ、配役、全てバラバラで無意味です。 これを評価している人達を見て、監督は嘲笑っているでしょう。観客に向けたテロ映画です。 つまらないを通り越して、悪夢の時間でした。

  • kaz********

    3.0

    映画監督の創作上の苦悩は分かるが

    映画を創るって大変なんだなということが分かる映画だが、この作品がなぜ高い評価を得たのか分からない。フェリーニ得意の大がかりなセットや騒々しさが早口に語られるだけで面白くない。  映画監督のグイドは治療のために湯治場にきていた。新作の構想に行き詰まりクランクインは15日も遅れていた。そこで脚本家や友人の意見を聴くが考えはまとまらない。そこに愛人や役を欲しがる女優などが集まって彼の頭は一層混乱する。枢機卿に拝謁したグイドは、幼い時に海辺に住んでいたサラギーナにルンバを踊らせて、修道士たちに追いかけられたことを思い出した。妻のルイザが湯治場にやってくるが、愛人のカルラとグイドが親しくしているのを見たルイザは不機嫌になる。出演者一同はセットに組み立てられた宇宙船の発射台を見学したりする。そして、そのセットの現場で映画についての記者会見を行うことになったが・・・・・・・。  最後、現場で出演者一同が踊って幕というのは訳が分からない。フェリーニ自身の体験談をそのまま映画にしたということだろうか。

  • sou********

    4.0

    フェリーニのフェリーニたる混乱!?

    ホント、フェリーニらしい映画だよなぁ…。混乱というか、カオスというか。 この映画そのものを撮影しているのが主人公のグイドのようであり、あくまでもこの映画に芸術性を求めて撮影しているのがフェリーニ自身のようであり…。 「理解出来たふり」迄しか不可能な気がする内容。 映画の中のセリフで、理解し難い世界観を描く事を示唆しているし、意図してそうしたのか、フェリーニのホンネの吐露なのか混乱を描いている。 僕自身、若い頃にガテン系のバイトをしていたが、そんな世界には絶対に現れない精神性で、汗をかいて構築するものと対極にある、真理の深層を極めるために巻き起こる混乱だと思う。 ガテン系には簡単な答えだ。「ツベコベ考えないで動け!」身体を動かして汗をかけば、少なからず終わりに一歩近づく。建物を建てるにしろ、倉庫に物を運ぶにせよ。 世の中って、哲学的思考を置き去りにして「とりあえず一歩踏み出す」事の方が分かりやすく理解してもらえる。思考の世界は、あくまでも思考の世界だと思うのだ。 ハッキリと言えば、「勝手に苦悩している道化」だ。 だが、そこに浮かび上がる疑問、妄想、思い出す幼児体験、現実、人生の構築と過ち、理想世界の表現、恋愛と性欲の混同…自分の殻にこもったモノを洗いざらい吐き出せば、こんな映画になるのかも(笑)。 ラストシーンなんか、奇妙な事に笑ってしまった。 こんな世界観を生み出す土壌に興味が湧くよね。 この奇妙な映画をじっくり観れる理由は、間違いなく映像美にあると思う。ホント唯一無二のセンスだと思う。ニーノ・ロータの音楽とフェリーニの映像世界が混じり合えばマジックが起きる。彼お得意の道化師の世界観だ!

  • takamath

    2.0

    黒縁眼鏡のアヌーク・エーメに観入るだけ

    2時間20分の作品だが、1時間20分ぐらい寝落ち気味でまともに観れていない。 退屈だった。 後の映画人に多大なる影響を与えた、とのことだが、そう言われてもイマイチ、ピンと来ないし納得感も無い。 影響力がある作品、ということなのか、でも、つまらない。 オシャレなのかどうかはオシャレじゃない自分には分からないが、当時はオシャレだったのだろう。 いま観ている限りではダサいとまでは言わずとも、特にオシャレなわけでもないと思う。 たくさんの女優さんが出ているが、映画の内容同様イマイチ、ピンと来ない。 ただアヌーク・エーメだけが、ほぼ全編で黒縁の眼鏡をかけていて、そのインテリジェンスな佇まいが、セクシー。 ついつい観入ってしまう。 映画がつまらないと、2時間プラス移動時間等々で、なんか時間の損失に自己嫌悪し、過剰なリアクションするのにまた自己嫌悪してしまう。。 20200802 恵比寿ガーデンシネマ

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第36回

外国語映画賞衣装デザイン賞(白黒)

NY批評家協会賞第29回

外国映画賞

基本情報


タイトル
8 1/2

原題
OTTO E MEZZO/HUIT ET DEMI/EIGHT AND A HALF

上映時間

製作国
イタリア

製作年度

公開日

ジャンル