ここから本文です

8 1/2 (1963)

OTTO E MEZZO/HUIT ET DEMI/EIGHT AND A HALF

監督
フェデリコ・フェリーニ
  • みたいムービー 924
  • みたログ 1,118

3.96 / 評価:301件

フェリーニの大魔術!

  • エル・オレンス さん
  • 2018年10月16日 21時26分
  • 閲覧数 700
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

F・フェリーニの「映像の魔術師」という異名を一番実感できる作品は、間違いなく本作ですね!

『甘い生活』(1960)と同じくM・マストロヤンニとA・エーメのカップルが登場しながらも、先の作品とは全く違う雰囲気、世界観を醸しています。

全編通して難解さが漂いながらも、観終わったらまた観たくなる謎の中毒性―・・ズバリ“魔力”を感じさせます!特にあの強烈な冒頭シーン―・・一体どうすればあんな幻想的な演出を生み出せるのか不思議でならないです!

ニーノ・ロータの軽快な名テーマ曲も中毒性凄まじいです!一度聴いたら頭から離れない!

映画監督が選ぶ名作投票をすれば、必ずと言っていいほど『市民ケーン』(1951)と共に5本指にランクインする理由も、よく分かる気がします。

あと、タラちゃんの『パルプ・フィクション』(1994)のあの有名なダンスの元ネタシーンがまんまだったのでびっくり(笑) いや、ほんとまんまでしたね(笑)

※DVD画質と大差ないなんちゃってBlu-ray化の映画が数多い中、本作のBlu-ray版は、半世紀以上前の映像とはとても信じられないほどの超高画質を堪能できるので、観るならぜひBlu-rayで!



======================================

★1963年アカデミー賞 2部門受賞
外国語映画賞、衣装デザイン賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不思議
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ