ここから本文です

8 1/2 (1963)

OTTO E MEZZO/HUIT ET DEMI/EIGHT AND A HALF

監督
フェデリコ・フェリーニ
  • みたいムービー 921
  • みたログ 1,110

3.97 / 評価:292件

最後はエヴァンゲリオン

  • パルしん さん
  • 2019年2月11日 14時33分
  • 閲覧数 554
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

始まって75分経過までは頭の中が混乱して話しが全く見えなかったけど、だんだん夢中になりました。
唐突に回想シーンや、幻想シーンになるので現実との境が上手く見分けられなかったのですがだんだん慣れます。
本当の最後のシーンは白い服を着た人々が列車に乗ってる映像だったそうな。
そこはカットして本編は輪になるシーンで終わり。
嘘つきの優柔不断な監督の現実逃避がたっぷり見れました。
面白かったです。
私には新しい映像だったので頭を揺さぶられる感覚でした。
好きです。
道が初心者向けというのがよく分かりました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ