ここから本文です

8 1/2 (1963)

OTTO E MEZZO/HUIT ET DEMI/EIGHT AND A HALF

監督
フェデリコ・フェリーニ
  • みたいムービー 921
  • みたログ 1,110

3.97 / 評価:292件

解説

今も数多くの映画作家に多大な影響を与え続けるイタリアの巨匠監督、フェデリコ・フェリーニの代表作。創作に行き詰まった映画監督の苦悩を現実と幻想を交えて描き、アカデミー賞外国語映画賞をはじめ世界中で絶賛された。主演はフェリーニ作品には欠かせない名優マルチェロ・マストロヤンニが務め、アヌーク・エーメ、クラウディア・カルディナーレなど国際派女優が共演。映画史に残る不朽の名作を、ニュープリント版で堪能できる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

映画監督グイド(マルチェロ・マストロヤンニ)は湯治場に療養にやってくる。新作の撮影準備を進めてから5か月が過ぎ、クランクインが遅れているにもかかわらず、愛人や妻、知人たちの幻影に悩まされ映画の構想はまったくまとまらない。療養中も亡き両親の姿や少年時代の思い出がよみがえり、彼は混乱してしまい……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ