二十日鼠と人間

OF MICE AND MEN

111
二十日鼠と人間
4.2

/ 169

50%
31%
13%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(64件)


  • msc********

    4.0

    とても小さな、静かで、悲しい物語

    ★3.5  物語はラストまで、スゥーッと一本道。全く無駄のない良くできた作品だと思う。  ただ、逆に言えばシーン、シーンの展開が全て読めてしまうため驚きは無い。 (まあ、文学的ではあるけどね。) ラスト、最後のくだりは、ジョージとレニーの語りをもっと伸ばしてハリウッド映画みたいな感動演出で終わるのかと思ったら、結構唐突に終了。 感動する準備をしていただけに、あっけにとられ軽く放心状態、、、 あの、あっさりした演出は、良かったんだか?悪かったんだか? 観る人によって解答は変わってくるかもしれない。

  • chi********

    5.0

    ネタバレ愛があればこそ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ma8********

    3.0

    nhkの海外テレビドラマみたい

    マルコビッチはやはりマルコビッチにしか見えない。 演技派ではあるけれど。 nhkでやってる海外テレビドラマみたいな直球ストレートな予定調和。

  • kod********

    5.0

    秀逸な名作

    心震える秀作です。人間のあり方の根源に迫る究極のドラマがそこにありました。 素晴らしい作品や自分好みの作品は冒頭からすぐに分かりますね。最初からみるみるうちに惹き込まれました。大恐慌時代のアメリカの農場や人物描写が素晴らしく、ハラハラしながらも人々のスタンスがとても心地良く描かれています。そして、あまりにも悲惨な結末を迎えるのですが、しばし言葉を失いました。とても考えさせられましたが、それでも決して絶望だけで終わった訳ではなく、ただただ涙が溢れてしまいました。 無理とはわかっていても、自分としては黒人の男性を含めた4人で牧場を開くという結末を見たかったです。ショーシャンクの空にのようなすがすがしいラスト、本当にそう思いました。

  • スーザン

    5.0

    ネタバレマルコヴィッチあってこその映像化かも。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • マルコ ポーロ

    5.0

    名作&名画で、感じる幸せ

    良かった。マルコビッチ、巧すぎて凄みがある。レインマンのダスティンや、ギルバートグレイプのディカプリオの役を想いながら一息に見た。あぁ、良かった。とつくづく思える作品は多くない。そりゃ、原作が名作なのだけれど、役者たちも名優揃い。カメラもいい。上質な小説を読んだ後の奥深い味わいが映画から得られる幸せを、久々に感じた。

  • kor********

    5.0

    昔読んだ短編小説

    忘れていた名作の映画化でした。 まれにみる映画が小説を超えた作品だと思います。 また小説も読み返したくなりました。

  • gir********

    5.0

    深く本質的

    名作の映画化が凡作に形を変えることもあるが、この「二十日鼠と人間」は映画も名作と言っていい。正面から原作の持つ力をしっかり引き出した印象。 ジョージは「賢ければこんなところで働いていない」と言うが、実際賢く、鋭い印象。一匹狼的な存在感があり、レニーと一緒にいると目立つ。狙った配役なのかもしれないが、もう少し素朴な顔立ちの方が役としてはふさわしい気がする。 農場の描写もとてもいい。宿舎から集団で仕事に向かう様子はアメリカ的だと思った。余暇の過ごし方も興味深い。ジーンズの着こなしが自然。本当に労働の服だったんだなと納得。そして、銃は身近なところにある道具だった。

  • tak********

    5.0

    さまよえる蒼い弾丸

    見終わった後に様々な感情が頭の中を行き交っていました。 ある意味予想を裏切られた結末だったのですが、ある意味遅かれ早かれジョージのためにもレニーのためにも、二人の生活には終止符を打たねばならなかったはずで、ジョージとしては、殺さねば、今まで大切にしてきたレニーが殺される。ならばこの手で殺めなければという気持ちだったのでしょう。キャンディの後悔の言葉がジョージの銃のトリガーを引いたのでしょう。 かわいがっていたものを殺してしまう、あるいは殺さねばならないときというのがテーマでしょうか。その愛情を注ぐ対象を、殺すことなく上手く生かしていくためにはどうすれば良いのでしょう。 レニーはネズミや犬、女性を純粋さ故に殺めてしまいますし キャンディもジョージも、愛するものを救うことは出来ないわけです。 限られた生活で、切れ者のジョージがレニーを救える最大限の努力はしたなと思いますが、彼が劇中でだんだんとレニーをどうしていくか、そのさまよえる感情が揺れ動く様子をゲイリー・シニーズがうまく表情に表していたのが、障害者を演じきったジョン・マルコヴィッチにも引けを取らない演技だなと思いました 未熟ながらも精一杯生きる人々、そのさまよえる蒼い弾丸がレニーの頭を撃ち抜いた時、レニーの頭の中は理想で満ちていたはずです。幸せな未来を夢に見ながらエデンへと旅立っていけたなら良かったと思います。 ジョージはジョージで、レニーから初めて離れ、レニーの魂を心に抱いて彼ならばどんな道でも成功できるのではないでしょうか?

  • あんこ

    5.0

    犬と二十日鼠への理解を持つべし

    ジョージとレニー、老人と犬、それぞれ後者が迷惑だからいなくなるべき存在となってしまう。 ジョージはレニーと長く一緒にいて愛があった。老人と犬もそうだ。 それなのに後者が周囲に迷惑をかけてしまい、消さざるを得ない状況になるところはやりきれない気持ちになる。 実社会においても、人間でも犬でも、不要以下の迷惑な存在に対して、理解を示さないといけないと思った。 それには世話するお金や手間もかかるだろう。 それを無駄なことだと言えるだろうか。 老人や障害者に直接従事している労働者の賃金を上げ、殺処分の動物を減らす為に本腰を上げなければ、どんなに安全で自由で発展した国であっても、心休まる人生は送れないのではないか。

  • エル・オレンス

    5.0

    ネタバレ若く逞しきゲイリー・シニーズ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • h_h********

    5.0

    ネタバレ二十日鼠と人間

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • us_********

    5.0

    二度と借りたくない映画

    二度と借りたくない。これは駄作だからというわけではなく、あまりにも悲し過ぎる映画だからである。 私は大学で社会福祉を学び、この映画に出会った。健常者と障害者との共存は現代の日本でも偏見が多く、難しい現状にあるがこの映画でもまさに共存ということについて考えさせられる。 健常者が障害者に対してだからしていいことなんてものはない。しかし、この映画ではせざるを得ない状況に立たされ、幕が降りる。 劇中泣くことはなかったが、なぜかエンドロールで嗚咽してしまうほど泣いた。理由は分からないが自然と出てくるものがそこにはありました。 本当に考えさせられます。一種の自分のトラウマのようでもう借りたくはありませんが、このようなことは現代でも起きないことはないということを知るためにこの映画をみなさんに観ていただきたいです。

  • bar********

    4.0

    辛い。

    深い。老いて呆けた親を看ることと重なるので現代社会でも充分通じる話。それゆえGシニーズ演じるジョージの気持ちが辛い。1人ならまっすぐ希望に向かって生きられたのに、なぜ彼はレニーと共に生きていくつもりだったのか。多分小説には書いてあるんだろうけれど映画の中ではいまいち説明不足ではあった。普通ならそこが引っ掛かって「ううーん…」となるが、さして気にもならなかったのは話の魅力と演出が良かった所為かも。Jマルコビッチの演技も良かった。 Gシニーズって元々演出とか監督業が先だったとは知らず、すごい才能だなぁと感心してた。道理で。

  • tar********

    4.0

    シェリリンフェンを求めて

    ツインピークスで可愛らしかったシェリリンフェンの他の作品も観たくてたどり着いたこの映画。舞台は20世紀初め頃?の米国。しかしテーマは命。皆が自分が生きるのが精一杯な中で、老いたものは、障害を持つものは、病気で苦痛があるものは生きることに意味があるのか?というテーマ。

  • kih********

    5.0

    絶対に撃ってはならぬ。誰がそれを言う?

     ショッキングな映画だ。簡単にレビューを書けるものでもなく、数週間脇に置いておいた。「分かるんだよなぁ」と思い、「同じだよなぁ」と思い、しかし「それでいいのかなぁ」と思い、グルグル回り、行きつ戻りつしつつ、……  そんな時、これはまたショッキングな大事件が起こった(’16.7)。若い男が身障者施設を襲い数十人を死傷させた。犯人は「殺してやった方が正義だ」という確信を持っている。連日この事件報道が続いている。  この男、この映画を見ていたのだろうか。この男はこの施設で働いたことがあるのだから、当然こういう人たちのことを知っているはずだ。会話も交わしていたはずだ。だったら、もしこの映画を見ていたのだったら、こういう行動にはならなかったろうに。  この映画と今回の事件に共通しているのは、「撃つ(刺す)=殺す」ということだ。さらに、「本人のためにも」という確信だ。でも、決定的な違いがある。映画の『人間』には、ギリギリまで寄り添い尽す「パートナー」であるのに対して、事件の犯人には「迷惑な存在(関係)」でしかなかった。  (この作品のこの大男は“知的障害者”のように映してあるが)そうでなくても、こういう人物は周りにいくらでもいるではないか。空気が読めない、純粋ではあるが幼稚(そのため我が侭)、「ありがとう」と「ごめんなさい」の意味が分からない、そういう御仁は掃いて捨てる程居る。というより、そういうのばかりだ。自分も実はそういう類のひとりではないか。  庇ってやっているのにそれが察せられない。助けてやっているのにそれが分からない。だから、有り難うとも御免なさいとも言えない。それだけならまだしも、同じ失敗を平気で繰り返す。それを失敗とも思っていない。そういうことが連続するとさすがに腹が立つ。情けなくなる。思いやりにも限度がある。限界を越える。とうとうどうにもならない状況が生じる。  だから撃っていいかというと、それはまた別の話だ。じゃあ撃ってはいけないかというと、それもまた別の話。多かれ少なかれ、我もまた人に助けられ庇って貰っているのに気がつかず、無神経で過ごしているひとり。そういう自分が、本作の“殺人”を詰る資格はない。擁護することもできない。  少なくとも ―― この映画で、殺人を肯定するようなはき違えが生まれないように。

  • pop********

    3.0

    2016年に見たイイ映画その25

    その25 二十日鼠と人間 その24 ミツバチのささやき その23 浮き雲(アキ・カウリスマキ) その22 愛しのタチアナ その21 乱れる その20 ある子供 その19 稲妻(成瀬巳喜男) その18 お嬢さん乾杯 その17 世界の果ての通学路 その16 幕末太陽傳 その15 ノーカントリー その14 グロリア(ジョン・カサヴェテス) その13 復讐するは我にあり その12 酔いどれ天使 その11 近松物語 その10 レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ その9 ミシシッピー・バーニング その8 ガルシアの首 その7 マッチ工場の少女 その6 僕の村は戦場だった その5 道 その4 鉄くず拾いの物語 その3 プリシラ その2 刑務所の中 その1 白痴(黒澤明)

  • 鯖トマト

    5.0

    ネタバレ辛かった・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tos********

    4.0

    ネタバレジョン・マルコヴィッチはさすがだ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jew********

    5.0

    ネタバレ映画の見過ぎで..

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/4 ページ中