レビュー一覧に戻る
発情アニマル
2012年6月16日公開

発情アニマル

DAY OF THE WOMAN/I SPIT ON YOUR GRAVE

1012012年6月16日公開

ごぉ

3.0

悲鳴が半端ナイ!

DVDで鑑賞していたら、思わず「警察に通報されるんちゃうか?」と、心配になるくらい悲鳴がスゴイのだ。 映画的な、演技的な悲鳴ではなく、ともかくリアルな大絶叫なのである。 焦るくらいに悲壮感がスゴイ。 1987年に製作されたカルト・ムービーの代表作。 片田舎の発情した野郎ども。 頭の中はイカれた下衆な妄想でいっぱい。 都会女はヤリたがる。 都会女は、男を誘う。 ニューヨークから湖畔の貸別荘を訪れた小説家ジェニファー。 都会の洗練された女は、田舎の自然の中の開放感を味わう。 野郎どもとひとりの女。 悪ふざけとは云い難い剥き出しの牙が、ジェニファーを襲う。 レイプされたジェニファー。 彼女が繰り広げる復讐劇。 「レイプ・リベンジ・ムービー」というジャンルが確立されたのはこの頃だろうか。 「鮮血の美学」(1972) 「ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ」(1974) 「暴行列車」(1975) そして今回鑑賞した「発情アニマル」(1978)。 近年になり過去のカルト・ムービーがより過激にリメイクされている。 「ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト」(2009) 「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」(2010) どれもこれも、 男の頭の中の下衆さ加減。 欲情を自制できない鬼畜さ。 復讐劇のえげつなさ。 そして、復讐を終えた後のむなしさが・・・ひどい。 「ちんぽ切断!ざまぁ~ミロ!スッキリしたぜ!」とは素直に云えない。 当初「サマータイム」という邦題で一般公開される予定だったらしい。 あぶねーよ・・・そんなマトモなタイトルぢゃ! 「発情アニマル」と邦題を決定して、ポルノ映画として公開。 なんとテレビ放映しちゃったらしい。 どこのテレビ局だよ! 放映の際のタイトルは「女の日」。 発売されたDVDとVHSは「悪魔のえじき」。 リバイバル上映は「発情アニマル アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ1978」 タイトルがいっぱい。 そして根強い一部のファン層。 TSUTAYA rental DVD

閲覧数2,271