レビュー一覧に戻る
パットン大戦車軍団

ntm********

4.0

ネタバレWWII.対ドイツ戦で活躍した頑固親父。

此の映画、水野晴夫さんの水曜ロードショーでも二回程放送されている作品と思いました。 主演のジョージCスコットが本物のパットン将軍と良く似ている。 戦闘シーンは少ないが前半部のアフリカ戦線の戦闘シーンは映画史に残る名シーンと思います。 ドイツ側の戦車がM48パットン(IV号G型かティーガーI型の役?)で何とも皮肉だ。 このM48戦車はイスラエル軍でも使用され中東戦争で大活躍している。! (イスラエル名はマガフ) このシーンで衝撃的なのはドイツ歩兵がドイツ戦車役のM48の車体にぶつかり、あわやキャタピラに踏みつぶされそうになるシーンがある。 事故なのか? 演技なのか? 本当に驚かされる。! アメリカ軍の戦車はM41ウォーカーブルドック(M4シャーマン役)軽戦車である。 実際に戦場に登場したのは朝鮮戦争からである。 よく戦争映画やドラマ「コンバット」にもよく登場する戦車で自衛隊でも使用されていた軽戦車だ。 ※過去に投稿された方々のレビューは戦車の名前、形式に間違いが散見されている為改めて表記しております。! また映画「フィーリー」で登場したティーガーI型はこのアフリカ戦線のこの頃の時代に捕獲された車両である。 部隊はドイツ501重戦車大隊所属車両である。(フィリーの時代錯誤は明白) 後、「空軍大戦略」にも多数登場するドイツ軍の爆撃機(対戦車攻撃機仕様)ハインケルHe111も登場する。 映画中盤からは戦場シーンは控えめとなり人間パットンを描く事が主体となる。 興味深いのは、イギリスモンゴメリー将軍とのライバル心剥き出しの対立する所も見所である。 実際のモンゴメリー将軍も老獪で政治的な手腕でアイゼンハワーに上手く取り入る。 映画「遠すぎた橋」の作戦立案はこのモンゴメリー将軍である。 第二次世界大戦ではパットン将軍の方が活躍しているが、人格的な問題や軽率な言動で次第に孤立していく所が上手く表現されていると思う。 ジョージCスコット=パットン将軍と言うイメージが定着した映画ではないだろうか? アカデミー賞7部門受賞している。! 音楽も有名な曲で私も好きな曲です。!

閲覧数525