レビュー一覧に戻る
パットン大戦車軍団

TERU

3.0

戦争オタクの物語

派手な戦闘シーンとかはそんなにないが、有能であるが、欠点も大きいパットン将軍の人間味があった、1970年といえば、アメリカがベトナム戦争をやっている頃であり、Ww2時代の英雄を映画で見せることで戦意高揚を測った目的もあったのかも

閲覧数379