ここから本文です

果てなき船路 (1940)

THE LONG VOYAGE HOME

監督
ジョン・フォード
  • みたいムービー 6
  • みたログ 23

4.11 / 評価:9件

戦争に大義など無い、唯の災害である

  • bakeneko さん
  • 2008年10月2日 18時41分
  • 閲覧数 464
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

東洋人やネイティブアメリカンを白人と同等以上に扱っていたデビュー作「アイアンホース」から一貫して、ジョンフォードの人間に対する視線は極めて公正で冷めています(このことが、2次大戦の記録映画が当時お蔵入りになった原因でもあるのですが)。この作品では彼の“戦争”という唾棄すべき現象へのスタンスが良く表れています。
気の良い船員達のドタバタ騒ぎの温かみと対比して暗示される“戦争という災難”が彼の信条を明確に示しているのです。若い船員役でジョンウェインが出ていますし、お馴染みトーマス・ミッチェルも大活躍です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ