パトリオット・ゲーム
3.2

/ 545

8%
22%
57%
11%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(51件)


  • aaa

    1.0

    原作を読んでいると…

    映画単独なら星3個ぐらい。 最後でジャック・ライアンがテロリストを殺すのが、原作は逆でジャック・ライアンJr.誕生のセリフに重みが出てくるんだけどな。 原作を読んだかどうかで評価は完全に判れる映画だと思う。 実際、原作者のトム・クランシーの映画の評価や、小説に対する発言を一見して映画を見るか、原作を読むかを判断した方がいい。

  • hik********

    2.0

    ライアンに休息の時は無い。

    ジャック・ライアンシリーズは全然見たことがないのですが、なぜか本作だけは観ました。 ハリソン・フォードとショーン・ビーンの対決という珍しいものが見られました。 子役時代のソーラ・バーチが出ていましたね。

  • 1048

    2.0

    オーソドックス過ぎて

    見応えがなかった。 なにかこれだってとこがない。 見ていて迫力もなく平凡過ぎて 入り込めなかった。 ハリソン・フォードの中では 間違いなく駄作

  • bpp********

    1.0

    ネタバレうーん、な第1作。ただのドカンバカン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ももみ

    5.0

    面白い

    この時期はアイルランド紛争に関する映画が多かったなぁ。懐かしい顔ぶれとハリソンがカッコいい!時代を感じるけど面白い映画です。 ありえないとか買いている人が多いけど映画なんだし何言ってんだか(笑)

  • yor********

    3.0

    平穏な始まりから、、、

    、、、乱高下。

  • fbg********

    4.0

    十分面白い

    何年ぶりに見たのか忘れたけど、ストーリーまったく忘れているので十分楽しめた。映像も古さを感じるが、まったく関係なくハラハラドキドキ。 最新の技術でなくても映画は面白い。

  • JUNJUN

    4.0

    感想

    グイグイ入っていける映画。面白い。

  • fiv********

    4.0

    このシリーズは安定的に面白い

    シリーズの順番としては、前後するが「今そこにある危機」に引き続き観た。 登場人物のキャストはそのままなので観る順番は、公開順で観ることをお薦めする。 しかし、ストーリーとしてはまったく別なので十分に楽しめる。 個人的には、「今そこにある危機」の方が映像の迫力はあったかなぁ。 それでもこのシリーズは安定的に面白い。

  • has********

    3.0

    ネタバレそんなばかな

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • big********

    3.0

    ネタバレイマイチ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 風よ吹け

    4.0

    ネタバレ知的ゲームというには、まだ肉体派

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sou********

    4.0

    出来過ぎ…だけど、楽しめた!

    オープニングで、誰が敵のターゲットになるか予想がつく。それって、同時に大筋の展開は読めるって事。 だが、伏線がIRA絡みで、想像が膨らみまくり。 テロ計画、資金源問題、各組織の内部の揺れ動き…。 ハラハラしちゃう緊張感。 元の遺恨は個人的なものだが、展開はどんどん大きく広がり、エンディングは綺麗に元のサイズ。 大きく、大きく、広げた風呂敷を手際よく畳んでしまう、とでも。 あるいは、フワフワの厚みのある羽毛布団を、布団圧縮袋でぺったんこに収めるかのような…。 まぁ、そんな脚本。 これを良しとすれば楽しめる作品だと思う。結局は…みたいな見方だとシラケるかも。 僕は、楽しんだ方に入る。 いろんな要素を含んでいながら、キッチリ2時間程度で収まっているのは見事! 更に、意外と良いのが音楽。アイルランドの旋律をアレンジしたサウンドが散りばめられてる。 オープニングの曲から良くて、全編通して気に入った。

  • xjn********

    3.0

    結局復讐か

    ただのころしやのふくしゅうげきだな

  • out********

    4.0

    王道中の王道

    美人な奥さんと娘がいる凄腕の元CIAが、たまたまロンドンでテロに出くわし巻き込まれて中心人物になっていく、という王道なストーリー。 複雑なイギリスの時代背景を絡めて知的なやりとりが繰り広げられ…と思いきや割と普通のアクション映画でした。 敵もなんというかロボコップとかと同じ様な、単に悪い連中みたいな感じ。 今の映画の作りならもう少し後味の悪さというか、正義側の矛盾や罪悪感を感じさせてくれるでしょう。 途中ハリソンが衛星モニターのシーンでそういう感じになりかけたけど気のせいでした… 娯楽ものにしても、ハリソンがもっと機転を利かして敵を倒し「おお、うまい!」みたいなのもなく、全体的に中途半端。 「マルコムX」とか「シンドラーのリスト」みたいな重い歴史ものと思っていたので観ないといけない気がしていたけど、普通の娯楽作だったので観ても観なくても良かったかな…と。 いや普通に面白かったんですけどね。 でも今の人がドラゴンボールを観て「ベタだなー」と思っても当時は革新的だったんですよね。 そういう映画史をなぞりたい人は観ていいんじゃない。

  • しおびしきゅう

    3.0

    パトリオットの意味は、愛国者らしい

    『レッド・オクトーバーを追え』に続く、ジャック・ライアンシリーズ第2弾!ジャック・ライアン役は、ハリソン・フォードに変わっている。 で、男の子?女の子? 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • fac********

    2.0

    ネタバレあれっ?というぐらい今観るとけっこう残念

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • フーちゃん

    3.0

    ネタバレちょっと無理がある。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kgmoffc

    2.0

    うーん

    とにかくあらゆるシーンで突っ込みどころ満載。テンポも悪く、うーんと途中で首を傾げること数回。吹き替えで観るとさらに酷さが増します…。とりあえずハリソンフォードが出てるから星2つで。

  • bat********

    3.0

    よくありがちなサスペンスアクション作品

    ハリソン・フォードありきの作品で、よくありがちなサスペンス・アクションという印象でした。

1 ページ/3 ページ中