レビュー一覧に戻る
パトリック

パトリック

PATRICK

110

一人旅

5.0

医者が生のカエルを喰らう映画

リチャード・フランクリン監督作。 植物人間となった青年がサイコキネシスで周囲を翻弄する豪州産サイキックホラーで、2021年2月にHDマスター版DVDとBlu-rayがリリースされました。 恋人と性行為をしていた母親を殺害したショックで3年間植物人間となっている青年:パトリックが、入院先の病院+αで引き起こす超自然的な行為を描いたサイキックホラーで、パトリックを担当することとなった新米看護師のヒロインが能力を本格覚醒させてゆくパトリックに対峙します。 目を開けたままベッドに横たわり続けているパトリックによる多彩なサイコキネシス(念動力)が不気味に描写された一篇で、タイプライターで文章を打ったり、男をプールで溺れさせようとしたり、エレベーターを非常停止させたりといった徐々にエスカレートしてゆく念動力の数々に見入る異色ホラーとなっています。 心優しいヒロインに対するパトリックの一方的な恋愛感情が、彼女を取り巻く男達への嫉妬と敵意を増幅させてゆく心理的展開も見物で、ヒロインを自分の物にしたいパトリックと彼の能力によって殺されかけている夫を救うため奮闘するヒロインの対決にハラハラさせられます。 ベッドの上で瞬き一つしないパトリックの不気味な静寂と、遠く離れた場所でも絶大な効力を発揮する念動力のダイナミズムの鮮烈なコントラストが圧巻となった70年代サイキックホラーの隠れた怪作で、パトリックを演じたロバート・トンプソンの静止演技は目が乾いて大変そうです…(ドライアイ泣かせ)。 蛇足) 2013年には同国で本作のリメイク『パトリック 戦慄病棟』が制作されました。

閲覧数172