花咲ける騎士道

FANFAN LA TULIPE/FANFAN THE TULIP

100
花咲ける騎士道
3.5

/ 15

7%
53%
27%
7%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

コミカル16.2%楽しい16.2%かっこいい13.5%勇敢10.8%かわいい10.8%

  • soi********

    3.0

    花咲ける騎士道

    十八世紀恋多き最愛王ルイ15世の時代、レエス戦争が続いていたころジプシー娘アドリーヌに「軍人になれば末は王女のお婿様」と予言されたプレイボーイで女にモテて結婚を上手く回避しながら自由に恋愛を楽しむファンファンがアランドロンの前の美男子の代名詞ジェラールフィリップとインチキ予言をした実は募兵官の娘アドリーヌの魅せるラブコメ、映画のタッチが漫画っぱいし少女マンガのラブコメラインな話で男には見辛いかも、しれない、しかしアドリーヌおっぱいが一杯です 最初はインチキ予言をされ信じ込んでしまったファンファンだったが偶然王女を助ける展開となり『こいつの言ってることマジだわ俺、可能性あるかも』なんてとんでも展開、アクションも漫画みたいで、あるサイレント映画みたいなコミカルさ全開で楽しませてくれる、何度か命の危機に瀕するが主人公に選ばれたら助かる展開なのだ、古い言葉だがイケメンバリアだジェラールフィリップは本当に漫画のような存在感で観ている人を魅了すると思う、本当に顔が小さいですね アドリーヌとならんでも変わらないぐらいアドリーヌの胸の方が大きいぐらい アドリーヌもラテン系美人 (イタリア人らしいですね、頬骨がないソフィアローレンのようです)で画面は絶景かなと魅了されていく、アドリーヌもファンファンに恋していてファンファンが自分の予言を信じたせいで王女に会おうとし捕り窮地にたたされる、そこで必死に救おうと王のところに単身乗り込み許しをこう、すると王はアドリーヌに良からぬ事を思い、ファンファンと取り合いになる 王は最愛王と呼ばれ、恋多き王で政治に興味がなくフランス革命のきっかけをつくったルイ15世 そんな時代、恋多きプレイボーイファンファンがアドリーヌの様子を知り、恋の鞘当てをアドリーヌに一本化し誰かのために戦ったところのラッキー展開で最愛王より一人に絞った主人公がレエスの戦いを終わらせたと痛快なハッピーエンド作品でした

  • qaz********

    4.0

    かっこいいファンファン!

    私は、本作を国立の古本屋で買いました。フリップと間抜けな将校の決闘シーンはカツコイイです。でも、将校が熱い鍛冶を藁に投げて炎上し、フィリップが取り残された子どもを救い、将校が真っ黒になって飛ばされるシーンは爆笑ものです(笑)。

  • kan********

    4.0

    試しに借りて観ましょう♪

    レンタル屋の棚で見かけて、試しに借りてみた1作である。 18世紀のフランスを舞台にした作品らしい。 一応、戦争を背景にしているが、内容はラブコメディかな? とは言え激しい剣戟シーンもあり(剣で相手を刺すなどちょっとバイオレンスな場面もあり)ベタベタな恋愛ものと言うだけでは無い楽しみ方も出来たのじゃ。 ま~しかしなんと言っても、ファンファン役のジェラール・フィリップとアドリーヌ役のジーナ・ロロブリジータに尽きると言う感じである。 2人が本当に魅力的なのである。 それを観るだけでも十分価値がある作品であるのだわ。 特にジーナの胸元には目を離せなくなるのじゃ。 いやいや・・・顔にも目が離せないのよ。絶世の美女じゃからの(照)

  • gar********

    4.0

    ジーナ・ロロブリジータ

    18世紀のフランス、女占い師に化けた、暮兵官の娘アリアーヌの「王女様と結婚できる」という予言を信じ込んだ若者・ファンファンの活躍を描いた痛快活劇。 あどけない顔立ちがなんとも女心をくすぐる、ジェラール・フィリップの魅力が全開の作品です。今から半世紀も前の作品ではありますが、彼のかわいらしさとワクワクさせられるアクションシーンの巧みさが、古びない魅力を持っています。 そして、ジェラール・フィリップと並んで魅力的な存在が、アリアーヌを演じたジーナ・ロロブリジータ。「絶景かな 絶景かな」と称えられるグラマラスなバストにモノクロに映えるフォトジェニックな美貌が素晴らしいですが、それだけではなくお転婆で気の強い娘役を実にチャーミングに演じていたと思います。 美男美女の主演カップルの魅力と痛快な物語が何とも楽しい作品に仕上がっています。

  • che********

    5.0

    表示がリメイク版とごっちゃになってますよ

    ジェラール・フィリップの魅力満載な作品。 アクションもイケるんだと驚かされました。古い作品だけれど、今でも全然楽しめると思います。 この役名から「ファンファン」という愛称で呼ばれた彼。(ファンファン大佐の元ネタでもある☆) 若くして逝ってしまった彼の、ベスト作品といえるでしょう。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ベルリン国際映画祭第2回

銀熊賞

カンヌ国際映画祭第5回

監督賞

基本情報


タイトル
花咲ける騎士道

原題
FANFAN LA TULIPE/FANFAN THE TULIP

上映時間

製作国
フランス/イタリア

製作年度

公開日
-