話の話

CKAZKA-CKAZOK

30
話の話
4.1

/ 36

53%
17%
22%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

切ない23.8%悲しい19.0%不思議14.3%ファンタジー9.5%勇敢4.8%

  • とし

    3.0

    はじめてみるもの、ふれるもの、それは素敵

    2020年5月6日 映画 #話の話 (1979年)鑑賞 ロシアを代表する世界的アニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン監督の作品。セルロイドに緻密に描き込まれた切り絵をベースにした短編アニメ。 反戦映画。代表作のひとつで狼の子を狂言回しに戦争の引き起こす悲劇と平和の大切さを描いた寓話的叙情詩

  • bey********

    4.0

    映像美

    シネフィル修復版を見ました。一見暗くて怖い印象だった昔の映像より修復版はすっきりしてとても見やすくていいですね。手書きでざらりとした質感と、手作りなのにCGを使ったのかなと思うような、どう作っているのか想像つかない部分もあってしみじみ面白い映像です。 見ただけでは話がよくわからなかったので解説を読んできましたが、作者の幼少期の楽しかった思い出と灰色のオオカミがつれていっちゃうぞという子守唄、子供時代に引っ越したあの家にまだオオカミが住んでいるんじゃないかと感じていること、作者の叔母が戦争で赤ちゃんを失くした体験という記憶からアニメになっているそうで、あーそれが最後にオオカミくんが連れてきてしまった赤ちゃんだったのかな…と思いました。オオカミくんを置いて車で出ていったのは作者家族だったのですね。 戦争で失くした赤ちゃんはあの家でオオカミくんに育てられているんだよという、子供を失くした母たちへの救済の物語かもしれないなと感じました。 戦争で人々が引き裂かれていく不穏な情景とゆったりと穏やかな人々の暮らしのはざまで座敷わらしのように時を越えたあの家で生きるオオカミくん、じんわり切なさを残すいい作品でした。

  • aka********

    4.0

    旅の終わりにふさわしい1本

    監督作品6作目、ノルシュテインの監督業の軌跡を2K修復画像でたどる旅も今回が最後になる。 また過去の5作品がほぼ10分ほどで完結したことに比べると、今回は29分とかなり長い。 灰色オオカミの子どもがなんらかの行動をしている「話」を軸として、和紙に淡い線で描かれたどこか夢の中のような場所で巨大な牛に縄跳びの縄を回してもらい少女が飛び跳ねている不思議な「話」、出征する兵士とその妻の「話」、青りんごを食べる子どもが自分の食いかけのりんごをカラスにも分け与える「話」の3つが絡む。そこで「話の話」というタイトルなのだろうか? それぞれの「話」で絵柄が全く違うところも本作の見所の1つである。 お話に出てくる家はノルシュテインが幼少時に住んでいた家らしいので、おそらく灰色オオカミはノルシュテイン自身を投影したキャラクターなのだろう。 物語は乳を飲む赤ん坊のアップのシーンから始まり、灰色オオカミが泣き叫ぶ赤ん坊をゆりかごに寝かせてあやす。その後上記の他の3つの話が順番に登場し、誰もいなくなった家から橋へと画面がパンをする。姿は見えないもののノルシュテインが幼少時に好きだったという汽笛などの蒸気機関車の音とともにタンゴが流れてきて「話」の幕は閉じる。 ナレーションも一切なく時系列で物語が進むわけでもないのでいささかとりとめのない印象を受ける。 共同監督ではあるが、ノルシュテインの監督第1作目『25日・最初の日』にも授乳するシーンはあったが、前回は焦点が当たっていたのは母親だったのに対して本作では赤ん坊に焦点が当たっているのが興味深い。 シーンとシーンをつなぐ道具として、またこの物語の象徴として登場する青りんごが、雨に濡れそぼるシーンが2度ほどあるがどのような意味が内包されているのだろうか。 前作『霧の中のハリネズミ』では水のシーンは実写合成だった。 本作では1枚の葉が水上に舞い落ちるシーンがあるが、ノルシュテインはそれを墨の濃淡のような卓越した技法で表現した。やはりここにも前作と同様に水墨画の影響が見て取れる。 難解な作品と言える。が、だからこそ観た人それぞれが、美しい映像から紡ぎ出されるいずれかの「話」に幼少時の想いを馳せることができるかもしれない。 第3作目の『キツネとウサギ』以来、奥さんのフランチェスカを美術監督に迎えて二人三脚で作品を制作しているわけだが、実は美術はこのフランチェスカが1人で担当しているようだ。 インタビューおいてノルシュテインが奥さんを「オーチンハラショー」と誉め称えていたのも当たり前である。奥さんなくして彼の偉業はありえないのだから。 フランチェスカは出征する兵士とその妻がタンゴを踊るシーンをわずか1日で描き上げたそうだ。 今回筆者が鑑賞した2K修復版Blu-rayは去年ノルシュテイン生誕75周年記念として日本で上映された映像をソフト化したものである。 フィルム上のゴミやキズを取り除いただけでなく色味もノルシュテインが記憶する当時の色に近付けている。 ソフト化に当たっては上映時からさらに1度補正をしてノルシュテインの承認を得ているようだ。 またDVD版には監督作品6作の他にノルシュテインがスタッフとして参加した『愛しの青いワニ』と『四季』が収録されているが、それらは本来彼の監督作品ではないことを考えれば今回2K修復してソフト化する際に収録から外されても問題ないだろう。 以前TV東京の『Youは何しに日本へ?』を観ていたところ、ノルシュテインを知らないスタッフがタイトル通りに彼にインタビューをしたわけだが、松尾芭蕉を愛し「芭蕉は単なる俳人でもなく旅人でもなく僧であり人生の奉仕者」であると深く理解している彼はたびたび日本を訪れているようである。 今年76歳の彼が1980年からかかりきりのゴーゴリ原作の『外套』はいまだ完成していない。 正直なところノルシュテインに残されている時間は短いだろう。一ファンとしてなんとしても完成してほしいと願うばかりである。

  • yos********

    5.0

    オオカミが歌う子守唄

    ザ・エンタメ作品ばかり最近観ていたので、冒頭でこのオオカミが赤ちゃんを誘拐して話が転がっていく。。。と思っていました、すみません。 子守りをする親が戦争で次々に死んでいき、子守唄で脅し役として歌詞にでてくるオオカミが赤ちゃんにその子守唄を聞かせる。人間の業の深さ。 人が死んでも巡る季節とそこにあり続けるオオカミ。対比される戦争と文明。 画面から伝わる緊張と弛緩。 当時の時代背景を詳しく知らないので、どう解釈すればよいのか分からないことだらけですが、これはアート作品なので(多分)何となく感じればよいのだと思います。 個人的に何が良かったかというと、たき火や焼き芋、子守唄の映像。すごくほっとします。また冬に観たい。

  • npp********

    5.0

    何て言えばいいんだろう・・・

    どこがどう素晴らしいか、これはこういう物語だ。と説明することができない。 平和な家庭、戦争によって傷ついた人たち・・・ 悲しい気持ちになりつつも、赤ん坊をあやすオオカミにホッとする。 とにかく圧倒される映像美だ。 ユーリー・ノルシュテイン監督特集にて全6作を鑑賞。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
話の話

原題
CKAZKA-CKAZOK

上映時間

製作国
ソ連

製作年度

公開日
-