花嫁のパパ

FATHER OF THE BRIDE

105
花嫁のパパ
3.7

/ 177

20%
44%
29%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(39件)

笑える18.0%コミカル18.0%楽しい17.0%泣ける13.0%かわいい12.0%

  • beautiful_japan_

    3.0

    花嫁の父をコミカルに描く

    エドワード・ストリーターの小説『Father of the Bride』を原作とした1950年の映画『花嫁の父』のリメイク。 愛娘が結婚することで落胆する父親ジョージ・バンクスの姿を、スティーヴ・マーティンが名演する。ジョージの妻ニーナ役のダイアン・キートンが魅力的。花嫁の弟マッティ・バンクスを演じるキーラン・カルキンも可愛い。 クリスマスに見るのにうってつけのホーム・コメディ。

  • bat********

    4.0

    ネタバレ娘を嫁に出す父親の心境が描かれている笑って泣けて心温まる作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tos********

    3.0

    もどかしさを味わい

    留学から帰ってきた娘アニーが、いきなり婚約者を紹介してきた。相手の青年ブライアンは非の打ち所がない。母ニーナは大喜びだが、父ジョージは複雑な思い。  娘が二人います。そのうちにむかえるかもしれない、もどかしさを味わいました。序盤に出てきたちっちゃい女の子が、繰り返しできたらもっと笑えたと思います。  力の抜けたダイアン・キートンも良かった。そしてスティーヴ・マーティンは初。ほかの作品も観たいです。

  • The man

    5.0

    素晴らしい

    父親でもなんでもないけど、前日の雪のシーンの所は感動しました

  • kaz********

    1.0

    私が見たいジャンルの映画ではなかった

    タイトルでもう少し見たい映画か、そうでない映画かを判断すべきだった。 観た私がバカだった。 内容はアメリカ中上流階級富裕層の息子・娘がお互い好きになり結婚式まで至る過程を描いたもの。私にとっては、どうでもいい話だった。 モノであふれかえる。世界一流のという言葉が飛び交う。くだらん言い回しで笑いをとろうとする。飢える心配のない裕福なレベルのどたばたコメディー。 どうぞ、ご自由に。ご勝手に。やってください。お好きにして。 こういう文化、性に合わない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
花嫁のパパ

原題
FATHER OF THE BRIDE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル