ここから本文です

パニック・イン・スタジアム (1976)

TWO-MINUTE WARNING

監督
ラリー・ピアース
  • みたいムービー 18
  • みたログ 225

3.54 / 評価:72件

逃げ惑う群衆

  • オーウェン さん
  • 2012年5月7日 21時17分
  • 閲覧数 1186
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ボルチモアのスタジアムで行われたスーパーボウル。
10万人の観衆がスタジアムに集まるが、その屋上にはライフルを構えた狙撃者が狙いを付けている。

冒頭から犯人の顔はひた隠しにされ、スタジアムに入るまで淡々と描かれる。
恐らくは煽りという奴なのだが、あまり上手く作用していない。
特に中盤辺りまで大した展開もないので、眠気が起きる始末。

ヘストンやカサヴェテスにマーティン・バルサムなど、スター俳優が一応持たせてはいるが、それでも退屈に変わりない。
犯人が何処にいるのか分かっているのに、手を下すまでが遅いのが一番の問題だ。

ただ終盤に犯人が狙撃を始めると正にスタジアムはパニック状態に陥る。
我先にと相手を押しのける群衆は実にリアル。
二次的被害や、警察心理を皮肉る最後の部分は面白い。
これで最初から緊迫したつくりであれば、数あるパニック大作の一覧に仲間入り出来ただろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ