ここから本文です

パニック・イン・スタジアム (1976)

TWO-MINUTE WARNING

監督
ラリー・ピアース
  • みたいムービー 18
  • みたログ 225

3.78 / 評価:73件

無駄に豪華なキャストが見所

  • RyutaroKagami さん
  • 2017年3月4日 1時45分
  • 閲覧数 522
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

40年ぶりに再見。
チャールトン・へストンの映画という記憶しかなかったのですが、改めて見ると、ジョン・カサヴェテスとジーナ・ローランズのご夫妻に、デビッド・ジャンセンにマーティン・バルサムまで出ていて、かなり豪華な映画だったんですね。

ただ、見所はそのキャストくらいでしょう。9万人の観客で埋まったアメフトのスタジアムでライフル持った男を発見したところまではいいけど、その後が頂けません。これといったサスペンスの盛り上がりもなく、男がどう動くか、ひたすら待つだけ。その間、何人もの観客の人間模様を同時進行で描くも、これがまた大した深みもなく、間延びしたテンポに拍車をかける結果に。40年以上前の映画であることを差し引いても、今一つの出来と言わざるを得ません。

で、それだけ時間があったにも関わらず、いざ犯人が発砲を始めると、なかなか止めることができず、観客や警官がどんどん殺されちゃうんだから。一体、今まで何やってたんだと。

この年代のパニックものなら、へストンはともかく、カサヴェテスとバルサムじゃあ、役者不足でしょう。ジョージ・ケネディとアーネスト・ボーグナインを連れてこい!ってとこでしょうか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ