パニッシャー

THE PUNISHER

90
パニッシャー
2.7

/ 46

2%
13%
43%
33%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(3件)

悲しい33.3%かっこいい33.3%勇敢33.3%

  • drm********

    2.0

    やる気なし

    復讐に燃えた目とただやる気のなさそうな目というのは違うと思いますが。 どうもドルフさん、生気がない目をしすぎなのでは、と。 凄惨な過去があったのは認めますが。 日本の描き方は言うに及ばず。 さすがにマーベルでスケバン刑事的な見せ方するのはまずいのではないでしょうか。 スケバン刑事が悪いわけではありませんのであしからず。 リメイクというか新しい方はまだ ましっぽいので観てみますかね。

  • jig********

    3.0

    ドルフ・ラングレンのパニッシャー

    アメコミヒーローは超人的な能力を持ってるイメージだが、 今作の主人公は普通の人間だ。 その辺はバットマンとも同じだが、 彼のように秘密の武器も登場することなく、 銃とナイフだけで戦うというあたりは 他のヒーローに比べると多少地味かも。 2004年製作の「パニッシャー」は どちらかというと”パニッシャー ビギンズ”という感じでしたが 今作ではすでに悪を倒す(というか倒しすぎ)な ヒーローをロッキー4でお馴染み?のドルフ・ラングレンが演じてます。 1989年製作ということで、 VFX技術も使われてる形跡もなく 派手に家も車も吹っ飛ぶのは観ていて爽快か。 当時、日本ではバブル期?でぶいぶい言わせてたせいなのか、 敵役として”ヤクザ”がご登場。 しかも、マフィアをあごで使おうとしてるあたりが トップはうちら(日本人)で、下っ端はあんたら(外人)で動かしてね的な感じが、 なんかバブル期を思い起こしますw ”ヤクザ”という単語が固有名詞なのもちょっと面白いかも。 ジャパニーズ マフィアと説明してたので、 あちらの国でも”ヤクザ”で通じるらしいということはわかりました。 微妙な日本風の部屋も見所かも。 部屋の中の鳥居、そして謎の仏像。 迷路のような障子張りの部屋。 鎧兜や武器ももちろん飾ってある。 しかも剣道の防具まで! 防具は普通飾らんだろ・・。 鳥居も部屋の中には置かないだろ・・。 まぁいっかw そういや劇中で、 黒人刑事が5年もパニッシャーを追いかかけても捕まえられない。 とか言ってましたが、 現場に残されたナイフとかで足はつかなかったのかなと。 5年で125人も殺してるのに・・。 バットマンみたく自分で手裏剣削ってるわけじゃないのにねぇ。 そんな細かい部分でツッコミを入れつつ、 この黒人警官の演技が意外にグっときたりしていい感じ。 ドルフ・ラングレンてロッキー4でしか観たことなくて、 あれからどうなっちゃったのかな? とか思ってましたが、ちゃんと主演とかしてるんですね。 作品リストを観ると実は結構出てたりしてるようですが、 なかなか日本では馴染みが薄いかなぁと。 彼のような正統派アクションは 今の時代なかなか受け入れにくいのかなと思いつつも、 「ディフェンダー」(監督兼、主演)で彼のこだわりを 感じたので今後もがんばってくださいと 陰ながら応援していきたいと思います。 マーベルコミックの映画化なのに、 最近の作品と違ってオープニングでコミックを パラパラめくるシーンがないのも特徴かと。

  • fbx********

    1.0

    作った側に罪を与えろ

    ドルフ・ラングレンの無茶物。 どんだけ強いんだ。 全く心が波打たない。 まあ、罪があるとすれば見てしまった私ですが。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
パニッシャー

原題
THE PUNISHER

上映時間

製作国
オーストラリア

製作年度

公開日
-

ジャンル