ハリーとトント

HARRY AND TONTO

117
ハリーとトント
4.0

/ 210

36%
37%
17%
9%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(65件)

切ない15.8%楽しい13.2%かわいい12.1%泣ける11.6%コミカル11.1%

  • にゃんた

    5.0

    頑固ジジィちゃうやん

    ハリーを頑固ジジィって表現してるけど、自立した高齢者男性だし 家出の若い女の子の話も上手く聞いてあげてる ただ、長男嫁には意地悪かな 狭いコミュニティで長年暮らした人ならではの意固地さはある トントは猫らしく猫な演技 頑張ってハリーが新しい土地で根を張らすのを確認したかのように 亡くなったのは、残念 ハリーは最後、元気な猫おばちゃんと結婚したんだろうなぁと 勝手に妄想

  • ikk********

    3.0

    ゆったり観れる

    美しい景色を挟みながら場面転換し、ゆったりと進んでいく映画。  のんびり猫と「二人暮らし」してたけど、アパート出なきゃいかんし妻も居ないし友人は亡くなってしまった...息子の家は居心地悪いから娘を訪ねよう! 猫と一緒にね。  向かうまで色々な人と接するのだけど「お客さん困りますよ」の連続。ペット持参だからね。でも何より心の拠り所、最高の話し相手でもあるから「じゃもう別にいいや」と気ままに進む。  車の中で猫に話すシーンはいいですねぇ。  マイペースに進んでいく様子は今まで時間が無かったからか、金銭的に余裕が持てるようになったからか、旅に出る貴重な時間でのびのび余生を謳歌しているように見える、新鮮な時間の数々。。。  おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に暮らす人、介護や施設、病院で働いてる人が観たら「よくある雰囲気」と新鮮味はないかもしれないし、昼間に観たら退屈に思うかも。一人旅が好きな人は共感できるし、猫が好きなら更にハマる映画でもある。  お年寄りがこんなに出会いありますかね、無理でしょ、危ないでしょ...正直これと言って惹かれる場面はなかったのですが、自分も旅してるような感覚では観れました。

  • oir********

    2.0

    ネタバレ深刻味の薄い大味な老人&猫ライトエレジー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • あき

    4.0

    トラネコは名優。

    猫映画の金字塔と言われる本作のトントはトラ猫でして、やっぱりトラ猫は利発!映画の内容も老境ロードムービーという感じで、リンチの「ストレイトストーリー」やマストロヤンニの「みんな元気」の系統です。

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレ超猛者ぞろいを抑えての主演男優賞。

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第47回

主演男優賞

ゴールデン・グローブ第32回

男優賞(コメディ/ミュージカル)

基本情報


タイトル
ハリーとトント

原題
HARRY AND TONTO

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル