ここから本文です

ハリーとトント (1974)

HARRY AND TONTO

監督
ポール・マザースキー
  • みたいムービー 148
  • みたログ 571

3.96 / 評価:206件

自分を支えるもの

  • hinatadehirunesitai さん
  • 2017年9月11日 0時23分
  • 閲覧数 865
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ハリーはきちんと自分の人生を歩んできたので、どこにいっても途方に暮れる
ことがない、地に足のついた人なんだと思った。

お店の人とも誰とでもしっかり相手を見て話すハリー。
なにげない話で別に何の説明でもないが、いろいろなことが少し分かる。
気難しそうに見えて、ハリーはオープンで優しい。
そして猫がかわいい。

恋人の記憶にひとかけらだけ残っている。
心に過不足のないように生きるインディアン。
トントとの別れ。

久しぶりに昔の映画をみて、やっぱいいなあと思いました。
振り返って、自分ももっと人と向き合って世界を生きなければと反省しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ