ここから本文です

ハリーとトント (1974)

HARRY AND TONTO

監督
ポール・マザースキー
  • みたいムービー 148
  • みたログ 571

3.96 / 評価:206件

超猛者ぞろいを抑えての主演男優賞。

  • エル・オレンス さん
  • 2018年11月13日 22時27分
  • 閲覧数 883
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

物語自体は正直言って平凡です。大きな展開といえば、ラストで愛猫トントが死を迎える場面くらいでしょうか。

ですが、ハリーを演じたアート・カーニーのハマり演技が実に素晴らしく、こういうおじいさんが実在するのではと思わずにいられないレベルでした。同年アカデミー主演男優賞候補は、彼の他に、

『オリエント急行殺人事件』のA・フィニー
『レニー・ブルース』のD・ホフマン
『チャイナタウン』のJ・ニコルソン
『ゴッドファーザー PART II』のA・パチーノ

と、稀に見る超猛者ぞろいの年ですが、そんな彼らを抑えての受賞に納得しちゃうほどです。

ハリーが、初恋の女と室内で踊るシーンと、ラストで亡きトントに似た猫を砂浜で追いかけるシーンは印象的でした。



======================================

★1974年アカデミー賞 主演男優賞(アート・カーニー)受賞

★1974年ゴールデングローブ賞【ミュージカル/コメディ】 主演男優賞(アート・カーニー)受賞  (※作品賞ノミネート)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ