ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

巴里の女性 (1923)

A WOMAN OF PARIS

監督
チャールズ・チャップリン
  • みたいムービー 4
  • みたログ 113

3.58 / 評価:26件

やはりチャップリンの作品ですね

  • pin***** さん
  • 2008年1月3日 7時45分
  • 閲覧数 215
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

チャップリンの作品ということで評価が甘くなっているかもしれません。

エドナ・パーヴィアンスが、いままでのチャーリーの憧れの女性という「添え物」的な役から、一人の女性として描かれようとしています。

主演のエドナ・パーヴィアンスをはじめ、人物の性格描写が深く、サイレントでもこれだけのものを描けるんだなあと感心します。

引き出しからカラーが落ちるのを見て男性関係を推察する部分は印象的でした。

退廃的なお金持ちのパーティーの乱痴気騒ぎ、裸の女性の体に巻いた布を剥ぎ取っていくシーンは、この時代としてはずいぶん大胆な演出ではないかと思いました。

逆に、主人公の恋人が、穴の開いたナプキンを隠すために四苦八苦する姿は、チャップリンの喜劇に通ずるものを感じさせます。

また、ラストの農村で慈善活動をするマリーと自動車に乗ったピエールのすれ違いは、貧しくとも誠実な生き方と、金持ちの気まぐれを対照的に描くチャップリンらしいエンディングだと思いました。

チャップリンといえば喜劇の王様ですが、こうしたメロドラマがあることも知ってってほしいと思います。

ただ、ドタバタもギャグもないし、マニアでなければ退屈するかもしれません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ