ここから本文です

巴里の女性 (1923)

A WOMAN OF PARIS

監督
チャールズ・チャップリン
  • みたいムービー 4
  • みたログ 112

3.58 / 評価:26件

これは、私の中でも特別♡

  • e_s***** さん
  • 2014年8月15日 20時14分
  • 閲覧数 375
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

チャップリンの喜劇映画はクドすぎたり、悪質なイタズラが多かったりで、あまり好みではないが、本作は監督に専念し、シリアスな作品ということもあり、かなり興味を持って拝見しました。 昔の悲恋ものの多くは、女性が弱々しくて男に泣かされるタイプの作品が多いが、本作は男のほうが悲しみに暮れ、自殺してしまったり…。珍しいタイプだと思う。 いつの世も、女性のほうが本当は逞しいのは確かだが…(^^ゞ  貧しいヒロインが、パトロン捕まえ、一時、優雅な生活をおくるも、昔、愛した男性の死により、元の慎ましい女性に戻り、貧しいながら、幸せに暮らす…。 単純な物語だが、見入った!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ