ここから本文です

巴里の女性 (1923)

A WOMAN OF PARIS

監督
チャールズ・チャップリン
  • みたいムービー 6
  • みたログ 119

3.50 / 評価:30件

チャップリンって監督もしてたんだ。

  • enisu さん
  • 2008年10月26日 21時16分
  • 閲覧数 214
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

へぇ~あの時代にもう既にエステがあったんだぁ、という発見。
カルチェ・ラタンでのパーティで、騎馬戦をする女性も、風船もあったんだねぇ。
馬車と自動車がすれ違うラスト・シーンは、とても印象的で、チャップリンならではの感性だと思う。
でも、現実問題として一度贅沢に慣れた人間は、そう簡単には納得して貧乏生活なんて難しいだろうと思うなぁ。ましてや、旦那にしたかった人は自殺しちゃうし、姑になる予定だった人と一緒に暮らすなんて…。実の親は、どうしたのだろう?映画だからまぁいっか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ