レビュー一覧に戻る
巴里の女性

巴里の女性

A WOMAN OF PARIS

81

どーもキューブ

3.0

エドナの為に嬉しい失敗

チャップリンがでない事に意味が有る。初期監督作を支えたチャップリン作品の功労者。エドナパーヴィアンス主役で撮った作品。コメディを一切排して、上流階級の悲運なラブストーリーに仕上げた。エドナは、チャーリーを心から慕っていました。(僕の予測ですが、長い間のチャーリーの恋人でもあったんじゃないのかな?)そんなエドナとの別れの一作。秀抜な人物描写、ランチキ騒ぎは、当時のハイソな馬鹿騒ぎぶりがリアルに反映。(ランチキ騒ぎの死、ロスコーアーバックルの死は代表例。)しかし、映画は大失敗。ファンとして、放浪チャーリーの復活となるのです。良かった失敗して!

閲覧数341