レビュー一覧に戻る
パリのめぐり逢い

パリのめぐり逢い

VIVRE POUR VIVRE/LIVE FOR LIFE

129

kke********

4.0

大人の味

妻がいながら若い外国女性と恋に落ちてしまう主人公。恋愛映画によくある設定だが、イブ・モンタンの渋さが際立っている。 ラスト近く、結局は恋人と別れたものの、素直に妻の元へは帰りにくくて悩んでいる主人公を妻がリゾートにまで追いかけてきて、主人公が車の窓に積もった雪を払い落とすと、中に妻が待っているシーンなど印象に残る。 クロード・ルルーシュが監督、音楽担当がフランシス・レイという黄金コンビ。共演者も、当時の売れっ子:アニー・ジラルドに若き日のキャンディス・バーゲンと揃った作品なのに、ビデオ発売がないとは理解できない。 この大人のフィーリングを、今の若い人にも味わって欲しい。 サントラも秀逸だ。

閲覧数1,077