ここから本文です

ハロルドとモード/少年は虹を渡る (1971)

HAROLD AND MAUDE

監督
ハル・アシュビー
  • みたいムービー 143
  • みたログ 340

3.87 / 評価:119件

自分の価値観を揺すぶるために見る映画

  • yam***** さん
  • 2015年9月19日 11時10分
  • 閲覧数 1068
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

79歳ババアのアウトロー物。
犯罪も警察も常識も死も恐れない。
自然を愛し、人を愛する。
物に執着せず、下手でも芸術を愛する。
若い頃に地獄を見てきたらしく、アメリカ亡命後は制約に縛られず、生を謳歌する生き方を選ぶ。
でも、自由と1セットの孤独。

何不自由なく育てられたために生の実感を持てない僕ちゃん。
無表情で自殺ショーを繰り広げ、若いオネエチャンを撃退するのに大笑い。
服装も、車のカスタムもセンスがいい。

ババアは最後の力を振り絞り、僕ちゃんを歌って踊れる男に変えた。

自由に生きて、人生を謳歌して、80歳の誕生日に自裁するババア。かっこいい。

なんと言っても、あり得ない設定にリアリティを与える役者がすごい。
79歳で、キュートで、チャーミング。
1896年生まれのルース・ゴードンさんは、映画撮影時に76歳ぐらいで、ほぼ役と同年齢。

自分の頭の固さを実感できる映画。
自分の価値観を揺すぶるために見る映画。
いや、すごいもの観ちゃった。

自分で人生を選び取る勇気を持つ者は幸せなり。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ