バンビ

BAMBI

72
バンビ
3.4

/ 103

16%
28%
42%
13%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(21件)


  • tat********

    3.0

    ネタバレCG前のソフトな描写が美しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gam********

    5.0

    こうで無くちゃ。

    音楽と映像、そして単純明白なストーリー。 全てがちょうど良いバランスで成り立っており、無駄な描写など一つとない。 動物たちの外見や動きも、デフォルメされているが特徴をバッチリと押さえ、うまくキャラクター化できていると思う。 英語版も非常に優しいので字幕がいらない。バンビが言葉を覚えている場面なんて、とっても素敵。 何度も見て、何度でも感動できる最高の作品です。ありがとう。

  • qaz********

    4.0

    ポールに強い影響

    先週の水曜にGEO経堂店でレンタルし鑑賞しました。 昔見た記録があります。あの来日が迫ったポール・マッカートニーが生誕した時に公開された作品です。ポールは動物愛護や自然保護の精神は本作から影響を受けたと発言しました。

  • スーダンピンポン

    4.0

    動物目線

    自分は自然を描いた作品が大変好きです。 この映画の大自然の画はオープニングから本当に綺麗です。 お話は動物たちの生活を動物目線で描いており、 主人公は鹿のバンビ。 バンビの父親は森の王様でバンビは王子です。 この話では人間は悪者です。 森の動物たちの生活を脅かす危険な存在。 主人公のバンビの母親は人間に撃ち殺されます。 そんな悲しいことを乗り越えバンビは成長していく姿には大変勇気付けられます。 挿入歌はあまり有名な曲はありませんが、 オープニングテーマの「Love Is A Song」と、 雨のシーンで流れる「Little April Showers」は大変良い曲です。

  • ler********

    3.0

    ネタバレ一回見たら満足

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ray********

    5.0

    ネタバレ素晴らしすぎる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tes********

    3.0

    70年前にこの技術力!アメリカ恐るべし!

    3.47点/30人/1942年   何がすごいって、70年以上も前の映画とは思えない画面の出来栄えにビックりだ。 第二次大戦中ですよ!戦前にこの技術力の差を日本人が知っていたら開戦は避けられたのではなかろうか? なんて、タラレバ妄想してしまった。 しかし70年前の映画と知らずに見たら、大して面白い話でもないし、70分もの長編にする必要も感じないので、つまらないと感じると思う。 この映画の個人的評価は、アニメの技術的な先駆者としての評価と、映画の作品自体としての面白がプラスマイナス打ち消しあって、結果普通の映画と言う評価になる感じかな。 余談、 良い意味でも悪い意味でも、ディズニーのキャラの特徴は当時と現在も驚くほど変わってないと感じた。 その変わらないところも、安心して見ることが出来て、長年愛される要因だろうなと思う。

  • hea********

    3.0

    シカは害獣なんだよ

    丁寧に魂を込められて作られているのが分かりますが、やはり古いですね。 まあ60年以上前の作品なので当たり前なんですが。 内容もいたってシンプル。 今だったらストーリーが弱すぎてとても上映できるレベルものじゃないかもしれません。 実はシカは害獣で木を枯らしてしまう為に駆除しなくてはならないそうなんですが、この作品のせいでシカを撃とうとすると反対運動が起きるというのを以前TVで見たことがあります。 「白雪姫」「シンデレラ」「 わんわん物語」「101匹わんちゃん」あたりと比べるともう少しストーリーに力を入れて欲しかった。

  • min********

    3.0

    大人向けな感じの作品

    これ、某ワンコインショップでDVD購入しました。 名作だろうけど、ちゃんと見たことない。 この機会に…! 再生するとなんとも可愛らしい森の動物が沢山出てきます。 その動物たちも個性的! セリフはすごく少なくて、アニメーションの動きと音楽で展開。 だから子どもが見ても難しいかも?と思いました。 四季の移り変わりのアニメーションが私は好き。 こういう表現方法もあるんだなと、感心しました。 森の動物にともかく癒される一本です。

  • l23********

    5.0

    ネタバレやっぱり伝説

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • see********

    5.0

    バンビとダンボ

    バンビはディズニーの分岐点だと思います。 ディズニーはアニメーションを芸術まで高める事を本気で目指していたと思います。 単なる娯楽から芸術と呼ばれる文化にまで育てたかったのです。 実写よりも低くオマケとみられていたアニメを芸術までもっていき、 単なる小さなアニメ会社から他の映画会社と肩を並べる会社に したかったのだと思います。 つまり戦うべき相手は他のアニメというより実写映画です。 それは他のアニメ会社が大手の専属かアニメ部門だったのに対して ディズニーは完全独立企業だったからでしょう。 30年代のディズニーはアニメを芸術にする為 全てを掛けていたと言ってもいいでしょう。 でもそれが仇になりました。”ピノキオ””ファンタジア” そしてこの”バンビ” 当時全てヒットしたとは言えません。 戦争が重なったというマイナス要素は勿論ですが 数十秒のシーンにも莫大な予算を投入し 予算度外視でディズニー自身の思い入れが入りまくりの これらの作品は逆に倦厭され、「気軽に楽しめない」という 逆効果を生んでしまいました。 ”バンビ”と”ダンボ”がその後のディズニーの方向性を決める 対象的な作品になった思います。 バンビは財政難の中他の作品を中止してもこれだけは中止せず 5年間を掛け完成したアニメらしからぬリアリティを追求した作品でした。 ダンボは大規模なストライキから逃れる為、南米に旅行に行っていた時期に低予算で短期間に完成した初のディズニー抜きのディズニーアニメです。 結果ダンボはヒットしバンビはヒットしなかったのです。 バンビはリアリティの追求とセリフを極力さけ映像と音楽で語る詩的な物語進行。 懲りまくった特殊効果をふんだんに使った作品。 それに対して、分かり易く肩の力が抜けて芸術作品を意識させず のびのび創られた”ダンボ” 大衆はダンボを支持したのです。 それでディズニーのアイデンテティは崩壊してしまったのでしょう。 大衆は作り込んでもそこまで観ない。 「単純に分かり易く楽しい作品が好き」という事に気づいてしまったのです。 その為ダンボがその後ディズニーアニメの フォーマットになったのです。 つまりディズニー自身は作品にあまり介入せず あくまでも会社の社長として関わる様になったのです。 でもそうしなかったら会社はとっくに潰れていたでしょう。 むしろ会社としては健全な状態になりアニメはあくまでも娯楽と 割り切ったからこそ企業として残ったと思います。 ディズニーが資産を残したのは最後の10年といいます。 実写やTVやディズニーランドといった事業を展開し 単なるアニメ会社から一大メディア産業を築くのです。 もうアニメはその中の一つにすぎません。 でも白雪姫からバンビまでの今となっては異常な時期 とも思える芸術にこだわった作品群がディズニーの 本質に思えるのです。 アニメとしては”シンデレラ”とか”ピーターパン” とかの方が作品として完成度が高いかもしれませんが、 この時期の作品として成熟していなくとも「芸術をやろう」という熱意と 試行錯誤して空回りしている部分も含めてやっぱり凄いと 思います。

  • abu********

    3.0

    教育的ディズニー

    基本的にディズニーは勧善懲悪ですけど、 この作品でいう悪は人間なわけですね。 他の作品と違って対決するわけじゃないんで、 ある種緩い映画ではあります。 でもこんな作品もあってもいいよね。 いつも善と悪が戦ってるのもつまんないし、、、。 命はつながってんだよ、、それは愛の営みなんだよって 子供さんにはいい教育ですよね。

  • hol********

    3.0

    綺麗な画、雄大な音楽

    その森で、王子が誕生した。 その知らせが森を駆け巡り、森に住む動物たちが集まる先に、小さな仔鹿バンビがいた― 友との出会い、牝の仔鹿ファリーンとの出会い、父親である森の王様の存在、季節が巡り、バンビは成長していく。 そんなある日、バンビの母は人間に殺されてしまう― すごく綺麗で、可愛い画は、さすがディズニー。 全部手描きとは思えない位、綺麗。 自然と生命の営みをテーマにしたであろう今作は、流れる雄大な音楽と合っていて心地いい。 バンビはキャラクターとしてしか知らなかったので、初めて観ました。 てかバンビって大人になるんですね。 衝撃が走りました。 所々で、人間が関わってくるのですが、人間の姿形は描かない辺りもいいですね。

  • ese********

    5.0

    ネタバレやさしさに包まれたなら

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • win********

    3.0

    ネタバレ命の受け継ぎ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • htn********

    5.0

    ネタバレ子供用ではない!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tot********

    4.0

    短い作品ですがいい・・・

    70分程の作品ですが、親子愛、恋愛、誕生、そして死・・・バンビを中心に森の生きものたちを描いています。猛禽類のフクロウと、ネズミやウサギが仲良くしていても気にならない。森の生きものたちの敵は人間でした。映像も綺麗で、写実的なところもあれば、イメージを形象化しているようなシーンもあり、ちょっと「ファンタジア」も連想してしまいます。可愛い、楽しい、そしてちょっと悲しいシーンも・・・。セリフも抑え気味の作品ですが、短い時間にいろんなものが凝縮されたいい作品だと思います。

  • npg********

    2.0

    可愛いだけでー

    とくに感動もない作品です! でも可愛い!のはたしか! バンビの小さい頃はね! 話的には火事になったりお母さんなくなっちゃったり 悲しいシーンもあるんだけど。 イマイチ悲しくないし、感動もないです。。 5月の歌?6月の歌?? て言う歌が流れるんだけど、それもいまいちぱっとしなかったです!

  • jas********

    2.0

    しっとりした絵の色がいい☆2つ半

    四季折々の風景と共に、 子鹿バンビの成長を描くアニメ。 ストーリーは取り立てて 何があるというわけではありませんが、 自然と生き物というテーマが含まれているようです。 時たまふとNHKの動物生態ドキュメントを見ているような 感覚に陥りました。 もちろん堅苦しさはなく、 かわいいバンビや愉快なキャラの森の仲間たちが、 鑑賞しているこちらをほのぼのとさせてくれます。 この時代のディズニーは、 絵の色が落ち着いていて好きですね。 最近の日本のアニメなどは目がチカチカしちゃって。 ぜひお子さんと一緒にどうぞ。

  • hid********

    2.0

    鹿と言えばバンビ

    ☆ん~、これはどう解説したらいいのでしょうか?あんな昔の時代に、こんなアニメーションを作ったディズニーを賞賛すべきなんでしょうか?☆とにかく、ストーリーは説明不要なぐらい見たまんまです。相変わらず、ディズニーの描く動物がとても愛らしい。ウサギのとんすけ、スカンクのフラワー、メス鹿のファリーンなどなど。もちろん、主役のバンビもカワイイですよ、なぜか王子らしいです。実は牡ですからね。☆そのバンビが生まれてから、成長するまでの日々を四季を通じて物語にしています。と言っても、セリフはほとんどありません。そういう意味では、ものすごく子供向けかも知れません。☆最後は鹿の視点から人間を悪い生き物として描いています。美しい自然を大事にしないといけませんね。そんなテーマも含まれてるようです。☆ちなみに昔、我が家にあったタンスはバンビのでっかいシールが付いたやつでした。

1 ページ/2 ページ中