ここから本文です

ピアニストを撃て (1960)

TIREZ SUR LE PIANISTE/SHOOT THE PIANO PLAYER

監督
フランソワ・トリュフォー
  • みたいムービー 19
  • みたログ 238

3.84 / 評価:40件

侮辱とラズベリーは人生の胸

  • eigadays さん
  • 2013年6月7日 8時58分
  • 閲覧数 498
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

♪侮辱とラズベリーは人生の胸♪ このシャンソン、本作の挿入歌がいい。シャルル・アズナブール演じる臆病ピアニストの内面独白の演出に早くもフランソワ・トリュフォーらしさが刻印されている。次々とウェイトレスと恋に落ちていくストーリーの展開にも。興行的に大失敗したらしいけど意外と面白い監督第二作。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ