ピーウィーの大冒険

PEE-WEE'S BIG ADVENTURE

92
ピーウィーの大冒険
3.1

/ 48

15%
15%
42%
21%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(18件)

コミカル19.1%笑える17.0%楽しい14.9%不思議10.6%ファンタジー10.6%

  • oce********

    3.0

    ゴジラvsキングギドラ

    ティム・バートンの長編デビュー作は何とも言えぬ味わいのカルト作品。 いきなりハイテンションの男が自転車をフルスピードで漕ぐop。 もうこれだけでハーマンがどういう性格なのかが分かる。 見た目は危なっかしい容姿であり、Mrビーンみたいな動き。 そんなハーマンが自転車を盗まれ、それを探す旅となるロードムービー。 行く先々で奇妙な人物や出来事が起こり、ほとんどカオスな展開。 その締めを映画スタジオに持っていく辺りはバートンのアイデアであろう。 自分の趣味であるゴジラを出したりなど、スラップスティックな笑いを見せる。 ラストも映画的な終わり方であり、バートンが自分好みに仕立てたドタバタ喜劇のような出来。 ただ本来のダークなテイストはかなり封印しているので、その点では違和感あるかも。

  • 一人旅

    3.0

    ティム・バートンの“闇のMr.ビーン”

    ティム・バートン監督作。 盗まれた自転車を取り戻すべく旅に出たピーウィーの冒険を描いたコメディ。 アメリカのコメディアン:ポール・ルーベンスがコメディ集団「ザ・グラウンドリングス」で活動していた時に創造し、のちにテレビのコメディ番組等で全米の人気者となったキャラクター:ピーウィー・ハーマンを映画の主人公(主演)として初めて起用したカルト・コメディで、本作は鬼才:ティム・バートンの記念すべき長編初監督作品となっています。 全米で有名なピーウィー・ハーマンという人気キャラクターをそのまま映画化したもので、映画のクレジットにも「Pee-Wee Herman――“himself”」と表記されています。お話としては、お気に入りの真っ赤な自転車を買い物中に盗まれてしまったピーウィーが、インチキ占い師の言葉を信じて、自転車があるとされるテキサス州・アラモを目指して冒険に出る様子を描いたもの。 旅の途中に幽霊に遭遇したり、脱獄犯の車にヒッチハイクしてもらったり、ウェイトレスの嫉妬深い彼氏に追い掛け回されたり、バイク野郎と一悶着したり、撮影中のワーナースタジオでダイナミックな逃亡劇を繰り広げたり―と行く先々で トラブルを巻き起こすピーウィーの奇想天外な冒険の顛末をコミカルに活写していますし、ゴジラ、ターザン、007、E.T.といった映画パロディも満載であります。 グレーのスーツ&赤の蝶ネクタイがトレードマークのピーウィー・ハーマンの特異なキャラクター性が英国のMr.ビーンとやや被りますが、ピーウィーの瞳の奥に“そこはかとない狂気”が感じられる点が両者の大きな違いとなっています(だから心の底から笑うことができない)。現実においても、ピーウィー・ハーマン(ポール・ルーベンス)はポルノ関係で二度逮捕されています。

  • pir********

    2.0

    不気味な夢を見た感じ

    ティムバートンファンなので一応チェックしましたが、うーん、なんだか不気味な夢を見た感じでした。どう考えてもおかしい展開なんだけど、夢を見てる時っておかしいと思わないじゃないですか。あんな感じです。 個人的になんだか笑ってはいけない物を見ている気分で最初から最後まで映画の雰囲気にのりきれなかったのですが、アメリカではピーウィーのキャラクターが子供に大人気だったそうですから、日本でいう志村けん的ポジションなのかもしれません。日本人とのツボの違いかな〜 ピーウィーのおうちの中はよかった。あとゴジラが出てきたり(許可とってなくて訴えられちゃったそーですが)、独特のユーモアセンスが感じられて、ティムバートンの原点ここにありって1本でした。

  • abu********

    3.0

    初監督作品

    ピーウィー、あんたただのバカじゃん!(笑) でもこの映画の面白味は、ずばり彼のイカれっぷりにつきる。 あの笑い方がいいね。 作りは雑ですが、そんな雑さも許してしまうノリ。 ティム・バートンの原形まさにここにあり。

  • gag********

    4.0

    Mr.ピーウィー

    Mr.ビーンにそっくり! 子供っぽい性格。 風変わり。 スタイルも一緒(180cm.細身.スーツ) 違う点は口数の少ないビーンに対してピーウィーはよく喋りコミュニケーションを積極的に取る。Mr.ビーンのよく喋る版という感じだった。 Mr.ビーン好きな人はオススメかも。 面白かったです。 それにしてもピーウィーことポール・ルーベンス結構背が高いんだろうな~と思い検索してみたら、6フィート(183cm)ないんだね。180cmでも背は高いけど、もっと高いのかと思った(188cm~190cmくらいあるのかと)小顔で細身だからそう見えたのかな。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ピーウィーの大冒険

原題
PEE-WEE'S BIG ADVENTURE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル