レビュー一覧に戻る
卑怯者の勲章

卑怯者の勲章

THE AMERICANIZATION OF EMILY

116

blu********

5.0

ネタバレ歌わないジュリーアンドリュースは貴重。

白黒映画だけどジュリーアンドリュースは若々しく美しくハツラツとしている。相手役のジェームズガーナーとは後にビクター/ビクトリアやワンスペシャルナイト雪で立ち往生して大変な目に合うジュリーとジェームズのコメディで共演。ジュリーは共演者とは生涯親しくするみたいです。ジュリーはお堅い英国軍人。ジェームズは気軽な米国軍人。性格や考え方が違う二人は喧嘩しながらも互いに惹かれ合い、キスしたりラブシーンを演じたりしてそのチグハグさが面白い。ジュリーの軍服姿はなかなか似合っている。メリーポピンズの後に歌わないシリアスコメディに出演するのはすごい冒険であったがジュリーの無色透明な演技が長所であり、ジュリーの魅力でもある。日本ではDVDにはなっていないから鑑賞出来ない人は多いけどアメリカではハワイ、引き裂かれたカーテン、夕映え、テン、SOB.リトルミスマーカー、グットバイデビッド、ザッツライフ、アフタヌーンティーはベッドで、リレイティブバリュー、デュエットフォーワン、プリティープリンセス、続プリティープリンセス、夢見る頃を過ぎても、妖精ファイターなど歌わないジュリーアンドリュースの映画は人気がある。本国イギリスではアメリカよりも人気がある.歌わないジュリーアンドリュースの映画もたくさんあるのですべてご覧ください。特に未公開作品のリトルミスマーカーやザッツライフ、リレイティブバリュー、などは日本ではビデオにもなっていないからぜひ機会があればご覧ください。後、テレビドラマのアンマーグレットやヒューグラントと共演した君が眠る前に、クリストファープラマーと共演した黄昏、乳母役のエロイーズ、エロイーズのクリスマス。ワンスペシャルナイトなどもご覧ください。後、ジュリーがマイフェアレディに出演中にリチャードロジャースのミュージカルで、シンデレラもご覧ください。

閲覧数729