ここから本文です

悲情城市 (1989)

悲情城市/A CITY OF SADNESS

監督
ホウ・シャオシェン
  • みたいムービー 228
  • みたログ 347

4.15 / 評価:112件

人として

  • kyon2630 さん
  • 2016年2月1日 21時42分
  • 閲覧数 2273
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦後の台湾の物語。1989年製作。ホウ・シャオシェン監督。

トニー・レオンがぶり若い(*´∇`*)かわゆい(=´▽`=)

ヤクザの長男。ヤクザになりきれなかった3男、そして、耳の不自由な4男。

淡々と描かれるその風景が凄みを感じさせる。ヤクザの長男が存在感あり。その父親も。文青(ウンセイ、トニー・レオン)と親友、ヒロエ、ウンセイを一途に思うヒロエの妹ヒロミ、彼らとのやりとりがよかった(´∀`)

それにしても、その内容は、激動の世の中で、それぞれ壮絶な生き方を強いられている。思いっきり関わっている日本人としては観られて良かったと思う。日本人のくせにほぼ知らなかった事柄だった。

そして何度も出てくる居酒屋の風情がとても印象に残る。その街並みは「千と千尋の神隠し」もモデルにしたらしいという、とってもレトロで味のある街並みなのでした。いつか行ってみたいなぁ(*´▽`*)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ