ここから本文です

左きゝの拳銃 (1958)

THE LEFT-HANDED GUN

監督
アーサー・ペン
  • みたいムービー 6
  • みたログ 100

3.35 / 評価:34件

ポール・ニューマンの魅力

  • abu******** さん
  • 2017年6月12日 21時22分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

これがアーサー・ペン監督のデビュー作なんですか?
すごい。最初からちゃんとしたクオリティですね。
私はポール・ニューマン好きなので、ひたすら彼の魅力を堪能しておりました。
まだ若き日の、屈託のない笑顔と、ふとした時のあの眼光。
そしてほとばしる色気。さすがは名優です。
ビリー・ザ・キッドの人柄はどのようなものであったのかは
推測するしかないのですが、人情を大切にする、とっても性格のいい側面と、
ものすごく強烈な衝動性、その二つが見て取れますね。
無軌道に突っ走っちゃう、大人らしく振る舞うことがほぼ不可能な奴で、
これでは遅かれ早かれ破滅してしまうでしょう。
でも、根はいい奴だからこそ、後に引く切なさがある映画になってます。
うちの敷地では面倒は起こすなよと言われてからの、
最後の一人をやっちゃうシーンがなかなか緊迫感ありました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ