ヒドゥン

THE HIDDEN

100
ヒドゥン
4.1

/ 257

37%
40%
18%
2%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(75件)


  • bib********

    5.0

    面白かった

    なかなかのものでした。見る価値十分あると思います。

  • sss

    5.0

    良い

    2回目くらい観たが、今回の方が良く思えた。 /7.5(202107)

  • kzz********

    4.0

    アイディア設定

    コレ「遊星からの物体X」と少し似ている設定なのですが アイディアであまりSFX、VFXを使わずに 「敵」を表現し見事なSF映画に仕上げている カイル・マクラクラン演じる ミステリアスなFBI捜査官 彼は何者なのか?次々かわる容疑者 彼の本当の目的は?次第に明らかになり どんどんストーリーにハマっていく 刑事バディ物としても 面白い 大傑作!オススメです

  • par********

    3.0

    この銃は人には効かないんだ

    欲しいものなら何でも手に入れる!力ずくで奪い取る!ちょっとコイツは……強欲過ぎねぇかΣ(゚Д゚)しかも、身体に何発撃たれても死ぬことはなく、動けなくなったら生き物なら何でも寄生できるという化け物能力……しかも、本体はグロテスクというまさにB級映画には素晴らしいエイリアンですね(ノ∀`)←褒め言葉です FBIのロイドも常に無表情で『コイツ、コミュ障か?』というくらいベックに協調性全然無いけど……無感情なのはこのエイリアンたちの個性なのかな(´-ω-`)?まぁ~正体を明かしてもそんなトンデモ話をすぐに受け入れるのは無理な話だけどさ……。 でも、奴の目的が地球を奪うならもっと水面下で活動して地位と権力がある大統領に近付いて寄生する手段もあったと思うけどな┐(゚~゚)┌

  • ind********

    4.0

    33年も前の作品か?

    カイル・マクラクランの優男ぶりと外連味のないアクションの連続であっという間に鑑賞し終わる、もったいなさが・・・「もっと観たい」と思わせてくれる快作。 走る自動車を見ると、たしかにあの時代のアコードだったりフェラーリだったりポルシェだったりで、「33年前」であったか、と思うけれど、この出来の良さは秀逸でしょう。 「信じられな~い」SBの芦田愛菜さんなら叫びそうなほど、今観ても全くそん色ない出来です。 「ターミネーター」が1985年なので、「目的のために爆走する」という「情け容赦ない侵略者」に驚いているところへ、自身の欲望のためには手段を択ばない、「暴虐なエイリアン」という「人の欲望」をデフォルメしたような悪人像は、広告で消費をあおる企業への皮肉のようにも見え、「ターミネーター」の方は組織に絶対服従の「企業戦士」への皮肉に見え・・・。 あのころやっぱり「どこかへんだな?」という疑問を持っていたんでしょうか?そしてそれを正々堂々と見せつけられて、驚き怖れ、そしてそれとの戦いを楽しんだ・・・。 そんな時代だったのかな? 作品としては低予算(特典映像でジャック・ショルダーも独白してます)なのに、ポイントを外さないことで、タイトで切れのいい作品になったようです。無駄なシーンを執る余裕のないことが、かえって良かった、という「ターミネーター」にも通ずるところでしょうか。 下品、色っぽさ、ハードロック・スポーツカー・・・なんせお上品な方なら眉をしかめるであろう言葉や人物・小道具をいいだけ揃えた点も、センスのよさが光っています。カセットデッキは、異質の風景ですが。 なにせ観るもの全てが楽しい、お勧めの作品です。 特典映像の解説入りは、興覚めなのでお勧めはできませんが。

  • マコト

    4.0

    B級なんて枠の無意味さ

    これだけ面白ければA級のエンターテイメント! 誰が出演してるとか監督は誰とか関係ないよね。 とにかく面白いです。

  • h_t********

    4.0

    不思議な魅力を持った作品

    埋もれた傑作です。 何とも人間臭いエイリアンと、カイル・マクラクランの持つ神秘性がキャラ的に際立っていて大きな魅力になっています。 最初にカーチェイスがあり、グロ場面もあるため、そのような映画かと思いきや、不思議なユーモアとほんわかしたムードもあり、どのジャンルにも入らないような面白い映画です。 お勧めです。

  • cxd********

    5.0

    おすすめです。

    1987年制作!?ウソでしょ、凄い面白かった! 全く古さを感じさせないスピード感。冒頭のカーチェイスから緊張が途切れる事なくラストまで綺麗に纏まってお見事。 最近の編集ベタな長時間の映画は見習って欲しい。 鏡見て、不満そうな犬の演技に唸りました。 バディものとしてもなかなかの出来です。古いからって敬遠してたら損ですよ。 機会があれば是非観て下さい!

  • Cakewalk

    4.0

    まさかU-NEXTで観れるとは…

    これずっと観たかったんだけれどよく行くTSUTAYAにもGEOにもなかったんだけど、まさかU-NEXTで配信しているとは驚きでした。 カイル・マクラクランいいねー! 内容も普通に面白かったし。 レンタル取り扱いしてないお店が多いのには疑問だ…

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレ映画ファンなら観て欲しい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • パイカルとクイーン

    5.0

    1000回は観た。

    ウソ。 でもメチャメチャ愛着のある作品。 レンタル店で見掛けることも無くなった今日この頃。一生観れない人もいるんでしょうね… 面白いのに… それと、間違ってもヒドゥン2は観ないようにして下さい。大変なことになります。

  • fg9********

    5.0

    シンプル・イズ・ベストのお手本

     …あらすじは、解説のとおり。  先のレビュー様の評価が良いことと、20数年前『ツイン・ピークス』観たさにWOW〇〇に加入し、そのカイル・マクラクランの名前が見えたので観てみた。  凶暴な隠れエイリアンが次々に人・犬に乗り移り殺人を繰り返している。  それを、カイル・マクラクラン演じるFBI捜査官が無表情あるいは悲壮な決意を内に秘めて追いつめていく話。  先ずは、凶暴なエイリアンがヘビメタ・フェラーリ・女好きというところが面白い。  また、乗り移った相手が胃の病気を患っていると、エイリアン本人も胃もたれになるというのもふるっている。  ストーリー全体としては、シンプル・イズ・ベストのお手本のような展開で、テンポも良く寸分たりとも飽きさせない、結末まで一気見の作品だった。

  • tat********

    5.0

    美しいカイル

    カイルマクラクランあっての映画です。ボディスナッチャーのごとく人間になりすまし破壊衝動のまま行動するエイリアンに対抗する謎の男 ミッドナイトランのような正反対のキャラクターがお互いに理解しあい、犯人を追い詰めて行く。でも狡猾な犯人はいろんな人間に乗り移りながら人間の社会しシステムを理解して法的に手が出せないように知略を巡らす。 この困難にどう立ち向かうのか! スティーブンキングの傑作にデッドゾーンがありますが、あれと同様になんとも言い難い切なさが残るエンディングを迎えます 映画好きは必ずみなさい

  • ブレネックス

    4.0

    異色エイリアン映画の良作

    エイリアン刑事モノという異色のジャンル。 暴力的で激しい音楽を好み、口を介して乗り移る(グロい!)というエイリアンの設定が高効果。 どことなく普通じゃないマクラクランがイイ味出してました。 小粒ながらしっかりまとまった良品だと思います。

  • drm********

    3.0

    B級万歳

    昔観た記憶はあったのですが… 見事に忘れていました(汗) しかし、マクラクランさん。見事にはまり役 だったと思います。 なんか哀愁漂ってる感じがただのチープなものに留まらない絶妙な雰囲気を醸し出せたのではないでしょうか。

  • 1048

    4.0

    B級SFの最高峰作品!

    個人的にB級SFでは『ゼイリブ』『ゴーストハンターズ』とこれは外せない。 主役の善玉異星人の俳優イケメン過ぎる。 これ(2)見てかなりガッカリした記憶が…

  • gfi********

    5.0

    独特の世界観

    カイル・マクラクランじゃないと成り立たない。^_^ マイケル・ヌーリーは何をしてるのでしょう? 懐かしさと個人的に大好きなので星5!

  • soi********

    5.0

    利己と社会性

    非常に良くできた作品で低予算なのにここぞという場面で魅せアイディアや上手い構成で作り上げられたSFホラー まずあらすじは、ロサンゼルスでの連続殺人それを追うFBIのロイドがロス市警のトムとが事件追うバディーものにもなっている まず冒頭から監視カメラ映像で始まり そこで強盗をする人物(連続殺人の犯人)が銃を乱射、監視カメラに映った衝撃ランキングのようで画面への引き込み方はあるし凶悪性を示す 更にそこから犯人が逃げるスリリングなカーアクション、警察との攻防終了まで冒頭からつかみがバッチリだ!そしてロイドがやって来てこの事件の真相がだんだんと明らかになっていく 撮影、フレッシュな銃描写、特に 人物の描き方、描き分け方が上手で ストーリーにも影響してくる、特にロイドの演技はある登場人物と同じ行為をするのだが手を逆にして行う、ただこれだけでストーリーにとても影響ししかもロイドの人格性も示す(鏡の前で)、子供の使い方も子供が演技なんて出来ないから出来た他のキャストとは違う視点を持ってるように子供だけは気付いてる、分かってるように見えて更にストーリーに意味のある映像を撮れている、ちなみに犬も出てくるがビックリするほど演技が上手く台本読めるのかと思う(笑) また、この映画はSFなので犯人が特種、犯人になる人があるものにとり憑かれてしまっているのだがとり憑かれた役の人は皆とり憑かれっぷりが上手い、ちなみにとり憑かれてしまったらその瞬間にその人は死んでしまう設定らしい いろんな事が描かれるのでただ単に面白いが いろんな事を観てほしい そしてストーリーは犯人になる人は今までの人格は消え失せ更にその人の知識や情報も利用され、かなり強欲な残忍な側面を見せる とり憑かるより、抽象的に人が欲のままに生きたらという感じ、それと社会性、利他性が あるロイドとトムが戦う構図になっている 散々な事をする利己性に対し利他性を強める上で家族をだし、さらにロイドとトムの絆を深めていくその描きかたも単純だが、言葉ではなく上手く説明している 最後にロイドとトムが犯人がしてきたこととは真逆の意味であることをする、コメンタリーを見ると乗っ取っているけど、犯人とは真逆の意味 コミュニティを守る絆を描いている 良くできたB級、ちなみにB級って質の事じゃなくて映画の長さ、二本立てなどの短い時間みたいなことをいうらしく今では映画の質で使われてますよね、なので低予算映画として、トレマーズ、激突等と並ぶ作品だと思いますね、最後に面白かったシーン、犯人がフェラーリぶん盗ったあとナンパして断られた瞬間に手に銃を持ったとこ、強い利己主義は危険ですね

  • a24********

    5.0

    ネタバレ「ジャンル混合系刑事コンビ映画」界の珍味

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • han********

    4.0

    どこかおかしい人の演技が上手い

    寄生虫に取り憑かれた途端にそれは、人ではなくなる。 もちろん演技での表現の他ない。 とても上手い。もう人間にはとうてい見えなかった。 全体的に不気味な不穏な空気が根底に流れており、引き込まれた。 B級感あふれる特殊効果も含め、主役のバディの対比もよかった。

1 ページ/4 ページ中