ここから本文です

いつか見た青い空 (1965)

A PATCH OF BLUE

監督
ガイ・グリーン
  • みたいムービー 20
  • みたログ 18

3.92 / 評価:12件

いつかちゃんと観たい

  • オレンジ14 さん
  • 2015年10月6日 12時59分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

何とかして観てみました
字幕もなんにもなしだったのでちゃんと見たとは言えませんが、言葉がなくても分かるものはあるでしょう。主役の女の子にポワチエが出会い仲良くなっていく。主役の女の子は家庭などに問題がありあまり明るくなかったのですがポワチエと出会い親切にしてもらい、明るさ、丁寧さ、その優しさに恋に落ちる。次会えるのが待ち遠しいとかポワチエのことを想いふけったり、身だしなみを整えたり表情も明るくなり恋しているなぁとピュアな描写が初々しいしく可愛らしくどこか儚い感じ
主役の女の子は目が見えませんが、ここで重要なのが目が見えない白人の女の子が黒人とは知らずに黒人男性に恋をする。女の子はポワチエの優しい人格に恋した、肌の色なんて関係ないでしょう?恋は盲目とは言いますが盲目の女の子は目にポワチエ演じるゴードンの外見の情報が入らないお陰で人種は関係なくと示すのですが、二人の周りはそうではない。1965年公民権運動があったとき。人種問題をかかげますがこの映画ではこの世の中を良く見てまず自分で良く考えてほしい、そのための経験、力を付けてくれと自分と離れてでも女の子の本当に為になる施しをして生きていくための力を与えようとしてくれる。二人は惹かれていきましたが決断として女の子を思いやるなら最適のことを選ばせる良い作品で観てる人にも良くみて考えてほしい、そして行動どうあるか決めてほしいのだと、もちろん人種差別はいけない、でもなぜか自分なりに考えを今まで差別してきた人に流されず、そして新しい時代を担うべきだと。小さな恋と愛情の綺麗な話だかシンプルにも的確にメッセージを伝えてくれる。綺麗な作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ