ここから本文です

5つの銅貨 (1959)

THE FIVE PENNIES

監督
メルヴィル・シェイヴルソン
  • みたいムービー 27
  • みたログ 139

4.24 / 評価:49件

意外と評価されてないが名作

  • xin***** さん
  • 2018年4月18日 12時00分
  • 閲覧数 347
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レコードからCDへ、ビデオからDVDの時代になって久しいが、サントラがCDで再発されるまで、そして本編がDVDで発売されるまでずいぶん掛かったなぁ、というのが正直な印象で、それほどジャズという音楽が時代に即していなかった、ということだろう。

ジャズ関連では、「グレン・ミラー物語」や「ベニー・グッドマン物語」が作られたが、音楽的な側面でいうと本作の方がはるかに出来が良いと思うのだが、本作の冷遇ぶりは前者とレッド・ニコルスの知名度の差かも知れない。

本作のハイライトはダニー・ケイとルイ・アームストロング出演によるところが大きいけれど、「5つの銅貨」や「ラグタイムの子守歌」など本作用に作られた音楽も聴き所の一つだろうと思われる。
個人的には2人の掛け合いで歌われる「聖者が街にやってくる」から、ドロシーまで加えた「子守歌メドレー」あたりがハイライトだ。

デキシージャズに詳しくなくても、とりあえずレッドが「リパブリック賛歌」吹くシーンまで見て、このリパブリック賛歌で引っかかった人はラストまでみて間違いないと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ