ここから本文です

5つの銅貨 (1959)

THE FIVE PENNIES

監督
メルヴィル・シェイヴルソン
  • みたいムービー 27
  • みたログ 139

4.24 / 評価:49件

映画としての面白さはありません

  • bar***** さん
  • 2019年4月6日 20時27分
  • 閲覧数 181
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

5つの銅貨。レッド・ニコルズという実在のコルネット奏者を題材にした家族と音楽がテーマの映画です。

実際、筋書きは感動的で面白いと思います。そこには夢を追い求める尊さと、家族を愛する男のさらなる尊さが描かれています。これが実話だとすると素晴らしい劇的な人生だと思います。

ただ映画としてはたいしたものじゃありません。たしかにストーリーは優れていますが演出や見せ方は平凡極まりなく、退屈で無駄がかなり多いですし、工夫がほとんどありません。テレビドラマ風とでもいえばいいのか、教科書チックな表現に終始しています。これでは面白さもほとんど伝わらないです。深みがほとんどありません。

平凡な映画といいましたが、ストーリーを加味すると平凡ではないかもしれません。ただしどんなにストーリーが良くても、伝え方がまずいので、結局は浅い映画になっています。これは作り手に芸術的センスや深い教養が足りないからです。真の作品とは言えません。

ルイ・アームストロングが本人役で出演していますが、彼が出ているおかげで、彼の音楽シーンはパリっとしていて見ごたえがあります。やっぱり真の表現者は張りがあるんですね。力強くて意義深いシーンです。それなのにその他の部分でこんなありきたりで皮相的な映画になってしまって、残念です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ