ここから本文です

陽のあたる場所 (1951)

A PLACE IN THE SUN

監督
ジョージ・スティーヴンス
  • みたいムービー 25
  • みたログ 363

3.64 / 評価:128件

100点 リズが一番美しかった頃

  • toratoraborta さん
  • 2011年3月24日 11時41分
  • 閲覧数 1054
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジョージ・イーストマン(M・クリフト)がアンジェラ・ヴィッカーズ(E・テイラー)とパーティで初めて会話をかわすシーンがある。

階級差から気後れして溶け込めないでいるジョージは、会場の陰にある遊技場に行って、一人得意なビリヤードにふける。彼がバックハンドでとんでもないショットを決めたその時、廊下を通ったアンジェラが目にして、驚いて部屋に入ってくる。

Why you all alone?-Being exclusive?-being dramatic? -being blue?

このシーンが好きで仕方ない。これほど美しい「ボーイミーツガール的瞬間」は無いと思う。

こういうシーンがあると、後半のストーリーとか、演出とか、カメラワークとか、そういう細かいところはもうどうでも良くなってしまう。ただ取り憑かれたように、あるいは熱病やみのように、夢の断片を天井に浮かべては反復するだけだ。どちらかといえば、リズ・テイラー追悼で上映してくれ。
そう。これは要するに、私にとって100点クラスの映画なのだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ