ここから本文です

陽のあたる場所 (1951)

A PLACE IN THE SUN

監督
ジョージ・スティーヴンス
  • みたいムービー 25
  • みたログ 362

3.64 / 評価:128件

名作だけどヘビーな話

  • Illmatic さん
  • 2007年6月27日 15時21分
  • 閲覧数 558
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

ウディの「マッチポイント」はこれがベースだけど、やっぱ本家が数段上。身篭った貧乏な方に殺意を抱くのは同じだけど、どっちを愛してたか、罪を償ったかどうかの違いはあまりに大きい。「マッチポイント」はただムカムカしただけだけど、この作品は同情を持って観れた。
リズはあんま観た事なかったけど可憐で華があった。さすがスーパースター。一番可哀想だったなぁ。
モンティはやっぱ悲しみを湛えた瞳が印象的。序盤の田舎者を全身で表現するオドオド感も良かった。
シェリー・ウィンタースは嫌だったなぁ(笑)そう思わせるのだから名演と言えよう。あんなジメジメネチネチされたら逃げたくなるよなぁ。
ラストのキスシーン~牢獄のモンティへのオーバーラップは秀逸。
かなり完成度は高く、あとは暗く絶望的なストーリーへの好みだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ