レビュー一覧に戻る
陽のあたる場所

陽のあたる場所

A PLACE IN THE SUN

122

yuk********

4.0

ネタバレ名画は色褪せない…

時代が違うので、感覚の違いはあると思うのに 色褪せない脚本と映像 主役3人の個性がよく描き出されていて説得力がありました☆ シンプルそうでいて奥深いと思いました。 ただ、、、 個人的に主役の役者さん3人があまり好きでなかったので (モンゴメリークリフト、シェリーウィンターズ、エリザベステイラー) 感情移入する対象が薄れてしまって残念でした。 でも、 アリスは役柄の影響(演技力)もあると思います。 でも、 エリザベステイラーの美しさが語り継がれる理由がよーくわかりました。 でも、 モンゴメリークリフとはがっちり古典の人でなく 現代にいても違和感ないような魅力を感じました! 主人公のジョージ、 私のイメージではもうちょっと人の好い優柔不断な人を意図しているのではないかと思ったので 彼は原作に近いのか?どうしても不良っぽい女ったらしに見えてしまい 真面目で道徳に縛られて育って、田舎者で、という感じがあまりしなくて ちょっとちぐはぐな感じがしてしまったのです 素晴らしかったのは後半の自分を責めて悩む姿、殺意を抱く表情、最後に心のつかえが取れたような演技 特に、最後の「自分の罪は自分の命で償うしかないことがやっとわかった」 のセリフのあたりが… ここは私がイメージしていたジョージそのものでした ずっと貧しく厳しく育てられたジョージ (だからこそ根は真面目で道を外れられない) 口下手なジョージ アンジェラに憧れても分不相応だと諦めていたジョージ アリスを簡単に捨てられない情のあるジョージ 潜在的にでもアリスの死を願った、助けることも可能だったのに見捨てた あの表情を見てその苦しみから逃れるには死が一番心穏やかになる道だったのかもしれない…と思いました。 (お母さんの宗教活動と生い立ちからの影響かもしれませんが) 実際に死で償うべきかどうかは私にはわかりませんが どんな理由であれ命を奪うということはそれほどの罪であり 取り返しのつかないことなのだと思います 現実だったら違うと思いますが 映画として(心の在り方の理想?として)のこのエンディングは良かったと思います 最後の回想映像からも、ジョージはアンジェラに一目惚れ それこそ会う前から恋をしていて 条件だけでなく本当に愛していたのだと思います 私にとって、それがこの物語の救いでした。 …まあ、条件も含めて「その人」ではあるのですが、、 原作&映画のタイトルからも 足るを知る ということもテーマな気はしますが、、 ちょっと感じたことは2つ 1つは 陽のあたる場所を目指すならば(それが良いことかどうかは自分次第!) よそ見(この場合アリス)をせずに目指すものだけ見つめないと手に入らない 妥協&よそ見した時点で自分の行動に責任を持たなければ 大きなものを望んだ分大きな代償を払うことになる もう1つは そんな立派な人間はそうそういるものではない 人はみんな善良な部分をもっているけれど弱い アリスは潔くない不甲斐ないジョージを捨てる人生を考えた方が幸せだったのになー、と思う(あの時代では難しいかもしれませんが) 半分は自分の責任だし(とは言っても無責任な男は最低!) 現代ではこの責任も昔ほど重くなくなってしまった その分、心のままに自由に生きられるようになったのかもしれません でもその分、なにかを失ったのかもしれません… 映画の終わりはハッピーエンドではありませんでしたが 私は美しくも感じました。

閲覧数1,601