ここから本文です

IT/イット (1990)

IT

監督
トミー・リー・ウォーレス
  • みたいムービー 220
  • みたログ 1,463

3.07 / 評価:648件

レンタルDVDは注意が必要です

  • sou***** さん
  • 2019年11月18日 23時20分
  • 閲覧数 1209
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

レンタルDVDは、DVDの表面にパッケージデザインがプリントされていない。
このせいで、自宅に帰った後でお店に戻ってしまった(笑)。
「レンタルしたんだけど…、前の人が違うDVD入れて返してるみたいです…」
「ItのDVD、これが正規ですよ」
店員さんの対応は慣れたもんだった。
Itのリメイクがヒットして、更に続編が上映…。僕みたいな客がいっぱいいたのだろう…。

さて、自宅に戻ってセット。
ん?sideA?
そう、リャンメンプリントだったのだ。そりゃあ、パッケージデザインはない!

という事で、とっても長ぁ〜い。

とっても長ぁ〜くなるのは当然だ。
子供時代の事件を大人になって回想しながら展開するのだが、主要メンバーが7人出てきて、それぞれの回想をとっても丁寧に描いている。

ごめん。飽きます…。

ただし、飽きちゃうんだけど、リメイクより遥かに良い。リメイクの貧相なアイデアで子供騙しなオカルトグーニーズ展開よりも、作品として良く描いてあると思う。どちらかと言えば、リメイクよりも大人が観ても大丈夫な気がする。

気がする…?

一応、褒めているが、突き詰めれば子供騙しではある。

うーん…。
ピエロが、子供を攫うんだもの…。おっさんには無理(笑)。



と言った感じでsaidBへ…。

相変わらず、登場人物全てに回想エピソード。更に現実の事件も織り交ぜ始めて、いよいよストーリーは盛り上がってくる。

盛り上がる?

そう、大人パートになれば、随分と見易くなるのだ。
大人の理性をもって解決しようとする展開。コレですよ…。
子供主役で事件を解決するパターンって、子供の大人びた発想にリアリティがないから奇妙な事になる。
いやいや、そりゃねーぜ、子供っすよ!コレがとっても嫌いです。

さて…大いに盛り上がって来ますが、結局アレだ…。

スティーブン・キングのお得意の…。


ガッデムである!
彼の原作って、なんでこーなの︎
途中の心理描写は悪くないのに、原因は毎度毎度の…。

なんだか、ドラゴンやゴブリンが登場するファンタジーと変わらない敵の倒し方…。
極めて敵が苦手な武器で、ココが標的ですよー!ってとこに命中したらジ・エンド…。
この手の貧相な弱点って、男の金的よりタチが悪い。だって、登場した瞬間に、弱点が想像出来るんだもの。男だって、マナーとしてパンツ履いて歩きますから(笑)。それって、フルチンで登場するくらい恥ずかしい事だぞ!



あぁぁぁ、もうっ!
なんて、無駄な時間なんだ︎


それでも、ハッキリしているのは、リメイクよりも全然良い!
リメイクは地獄。まさにナイトメアである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ