ここから本文です

IT/イット (1990)

IT

監督
トミー・リー・ウォーレス
  • みたいムービー 219
  • みたログ 1,462

3.07 / 評価:646件

メリハリを置き去りにした駄作ホラー

  • le_***** さん
  • 2019年12月24日 0時06分
  • 閲覧数 934
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督:トミー・リー・ウォーレス、脚本:トミー・リー・ウォーレス、ローレンス・D・コーエン、原作:スティーヴン・キング『IT -イット-』(1986年)撮影:リチャード・レイターマン、音楽:リチャード・ベリス、主演:リチャード・トーマス、ティム・リイド、1990年、187分、アメリカ映画、原題:IT

1990年のメイン州デリーで、女児を狙った殺人事件が発生する。
デリーに住んでいたマイク(ティム・リイド)は、事件現場近くで、一枚の男の子の古い写真拾う。そして、最近相次ぐ子供の殺人事件について、マイク自らが子供時代に、仲間と、IT(あいつ)と呼んでいたピエロ、ペニーワイズの仕業であると確信する。
マイクはかつての仲間ビル(リチャード・トーマス)らに電話し、27年ぶりにデリーに来るよう依頼する。・・・・・・

DVDでが両面ディスクになっており、表面の前半は、ビルら7人の子供たちが仲間となり、ITを死滅させることを誓うところまでが描かれ、裏面の後半では、大人になっている彼らが再会し、ITをやっつけるまでが描かれる。

元々、テレビミニシリーズとして2回に分けて放映されたもので、たしかに映画にするには、迫力という点で物足りず、時間も長過ぎる。
映像がどうのという前に、ストーリーをもっと圧縮できなかったのか、という疑問が残る。

いわゆる、子供向けのホラームービーであるが、それにしても、エンタメ性は感じられず、大胆にカットしてかまわない挿話などもそのつど描かれるため、丁寧な運びではあるものの、他方で、抑揚もメリハリもなく、映画としての盛り上がりに欠けてしまっている。

ラスト近く、いよいよITを滅ぼすあたりでも、奇妙な図体の甲殻類が出てきて、さして抵抗することもなく死んでしまう。
交差点で、ビルが妻オードラ(オリヴィア・ハッセー)と抱擁するシーンはほほえましいが、エンディングとしては締まりがない。

この映画を観て、ホラーを感じるのは、一部の子供たちだけだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ